2016年03月30日

富山市南部にあるサクッと登れる展望の良い山と悪い山 大乗悟山・笹津山 (9月)

この日に登ったのは大沢野にある大乗悟山・笹津山です。

富山市内から国道41号線を南下し、笹津の神通川の橋を渡ってしばらくすると右手に「割山森林公園・天湖森」があります。その奥にある山が大乗悟山です。
まず天湖森に向かい、第2駐車場の奥に林道が続いてます。そこを進んで行くと大乗悟山に向かう看板が何カ所かありましたのでその通りに進んで行くと左手に登山口があります。

DSCN4485.jpg

DSCN4487.jpg


その前に登山者用の駐車出来るスペースが路肩にあります。

DSCN4489.jpg

この日は早朝から雨が続いておりましたが、登山口に着いた時には雨もやんでおりました。雨対策で今回は長靴登山となりました。
やや最初から急気味な坂を登っていくと気づかされます「すべる・・・・」と。

DSCN4492.jpg

DSCN4493.jpg

土がむき出した登山道は滑りやすかったです。そのうち路肩にはイノシシが掘った後が何カ所出現してきました。それも割と新しい・・・・。
更に進むと2本の線状になってる滑った後が点々と続いてます。カモシカが滑りながら歩いた痕でした。この山の主、カモシカも滑る登山道となっておりました〜。

そんな山道を進んで行くと意外にもあっという間に大乗悟山の頂上に着いちゃいました。登山口からわずか15分でした〜

DSCN4495.jpg

神通川を挟んでとなりにそびえる山、御前山と小佐波御前山が正面に見える展望スポットでした!!

DSCN4498.jpg

頂上にある「大乗悟山」の看板の後ろには「右奥から笹津山への道あり」って書かれてありました。裏を見ないと気づかない案内表示でしたね。

DSCN4500.jpg

で、進むとすぐに下りの急坂となっておりましたが、ここが今回一番大変な所でした。踏ん張りきかない程に滑りまくりの急坂で、ロープ伝って降りていかないと厳しい所でしたね〜

DSCN4502.jpg

DSCN4503.jpg

更に進むとロープはわせてある所が何カ所か続いていました。

DSCN4506.jpg

そこを過ぎると突如左手に鉄塔工事の現場に出てきます。現場には数人の工事してる方が居ました。私の方を驚いた感じで手を止めて見ていましたね〜。

DSCN4507.jpg

DSCN4508.jpg

「こんな小雨の降る天気悪い中、スズを鳴らして突如山の中から出てきたらそりゃ驚くよなぁ〜」と思いながらも進んで行くとようやく反対側の登山口に降りました。

DSCN4510.jpg

分岐していたのでちょっと間違えて歩いちゃいましたがそこから笹津山に向かう道路は舗装されてない林道って感じの道を進んで行きます。

DSCN4512.jpg

そこで今回おもしろいものを見かけました。工事用のモノレールです。それも山の麓からレールが続いている様で、「ちょっと乗ってみたい」感がありました!!

DSCN4533.jpg

DSCN4536.jpg

で林道から笹津山に登る案内看板があったのでそこを進むと鉄塔のふもとに来ました。

DSCN4524.jpg

電波反射板の鉄塔で、そこから更に奥に進む道が続いてました。

DSCN4529.jpg

DSCN4525.jpg

ちょっと怪しい感じの道でしたが歩いた後を進んで行くとようやく笹津山の頂上に到着。登山口から50分程でした。
ですがそこは雑草で覆われてるし周りは杉林で展望も全く無いので、何の感動もない頂上でしたね〜

DSCN4528.jpg

そこから途中の林道をずっと歩いて行けば車の止めてある登山口までたどり着けるのですが、滑るルートを登り直して再び大乗悟山の頂上でお昼食べてました。
この時は最初に到着した時と違って頂上付近は低い雲の中に覆われており、向かいにある小佐波御前山は全く見えませんでした。

DSCN4538.jpg

DSCN4541.jpg

DSCN4546.jpg

DSCN4547.jpg

DSCN4552.jpg


今回の山は距離は短くちょっと物足りなさは感じましたが、「滑る登山道」を歩く練習にはなったように思えました。

余談として、帰りに天湖森から41号線に降りるショートカットした細い山道を下っていったのですが、そこで近くにある温泉「楽今日館」の源泉を見つけました。そこには「岩稲の湯 源泉」と書かれてました。
神通川のダム湖のすぐ横にある温泉宿なんですが、意外と源泉は山の中にありました。

DSCN4558.jpg


登山口はこちら
   ↓
blog_import_5268aac7497b7.gif


googleストリートビュー


タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 23:48 | 富山 ☔ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

秋の弥陀ヶ原高原、弥陀ヶ原から美女平まで散策してきた! (10月)

この日はいつものマイナーな山登りでは無くメジャースポットである「弥陀ヶ原」に出向いてきました。
昨年から「弥陀ヶ原を歩いてみたい」と計画していたのですが、ようやく良いタイミングが出来、行く事となりました。
室堂までバスで行き、そこから山に登るのも良いのですが、今回は「紅葉の秋!弥陀ヶ原散策」ってなゆる〜い気分で当日の朝まで思っていました。
が、立山駅に向かう道中に一緒に出かけた友人曰く、

  「弥陀ヶ原から美女平まで歩くぞ〜」って・・・。

ゆるいのかどうかもイマイチ判らず行く事となりました。

朝5時40分頃に立山駅に到着し、6時始発のケーブルカーに余裕で乗れるだろう〜と思ってましたが、連日のニュースで弥陀ヶ原の紅葉の話題もあり、この日は晴天で絶好の山日和の天気。朝一は混雑していました。
結局始発から第3便目のに乗る事となりました。混雑してましたので時刻表に無い便のケーブルカーも臨時で運行してました。
美女平に着き、すぐにバスに乗れるかと思ってましたが、すぐに乗れるのは「室堂直行便」のバスで、乗客でイッパイになるとしばらくしたらすぐに次の臨時バスが来て乗客を乗せていく感じとなっていました。

DSCN5039.jpg

私の降りる「弥陀ヶ原バス停」に止まるバスは電車で言う所の各駅停車するヤツで、そのバスの始発は朝7時となってました。なので立山駅朝一6時のケーブルカーに乗れても美女平で50分以上待ち時間があるのでご注意を!。
この路線バスは途中のバス停で降りる時は普通の路線バスと同じで「ピンポンチャイム」を押す様になってました。
以前材木坂ルートで立山駅から美女平まで歩いた時に美女平周辺でクマに遭遇した人がいまして、今回もしかしたら何かの動物と遭遇するのかな?と思ってました。
で、予想通り遭遇しちゃいました!! サルの集団と!! それもバスが通る道を集団でふさいでました!!。サルも慣れちゃってるせいかバスが来てもよける事もなく逆にバスが反対側車線を走る所もありました。


DSCN5040.jpg

しばらくして弥陀ヶ原に到着し、降りると・・・やっぱりちょっと寒いなぁ〜って。この時は気温一桁代でした。空気はヒンヤリとしていましたがこの日は天気が良かったので日差しの暖かさは感じることが出来ました。
降り立った最初の感想としては弥陀ヶ原の紅葉も見応えありましたがそれよりも富山平野が一望出来た事に感動しました!!

PA033246.jpg

PA033261.jpg


DSCN5048.jpg

弥陀ヶ原ホテルの前には高原バス待合室の建物があり、その中で帰りのバスに乗る予約が出来ます。まぁ今回は下まで歩くので予約する事も無かったですねぇ。

DSCN5049.jpg

弥陀ヶ原から新湊大橋見えましたね〜。肉眼ではボンヤリしてましたが写真を確認しましたら雨晴海岸も写ってました!!

DSCN5052.jpg

DSCN5055.jpg


立山カルデラ展望台までは10分程ですぐに着きます。カルデラ内が見渡せて向かいの山の途中から割と立派な滝も見られました。

DSCN5066.jpg

弥陀ヶ原は国立公園の中です。木道ルートが完備されていて歩きやすく、看板に書かれてましたがまさしく「天空ロード」ってな道でした。


DSCN5093.jpg

DSCN5098.jpg

DSCN5103.jpg

DSCN5130.jpg

天狗平に向かうルートで谷に降りていく所の手前までとりあえず行き、そこからは逆に美女平に下って行くルートに向かいます。

DSCN5167.jpg

DSCN5172.jpg

DSCN5201.jpg

まずは弘法まで向かいます。そこまでは整備された新しめの木道でした。弘法からは「探勝歩道」と名づけてあり、立山駅まで9.6キロと書かれてました。

DSCN5204.jpg

DSCN5262.jpg

ここからは歩く方が少なめな様で木道も古く、コケの生えた木道は滑りやすかったです。

DSCN5267.jpg

DSCN5282.jpg

DSCN5286.jpg


その後最初の称名滝が見渡せる「大観台」に着きます。

DSCN5303.jpg

で、その後ゆる〜く下って行くと突如急な階段坂が現れます。この道は意外にも急な谷間の上り下りもあり、そこそこ「勾配のある坂」を楽しめるルートです。

DSCN5314.jpg

DSCN5318.jpg

DSCN5319.jpg

DSCN5323.jpg

で観光バスも徐行して通る「滝見台」に着きます。

DSCN5332.jpg

DSCN5338.jpg

ちょうど滝見台に着いた時に観光バスもタイミング良く登って来ました。見たら何とカターレ富山のラッピングバスでした!! 選手を乗せない日はこんな所にまでPRを兼ねて運行してるんだなぁ〜と思いましたねぇ。
この日のカターレバスは計3回この高原道路で見かけました。

DSCN5326.jpg

PA033290.jpg

この場所でバスの車窓から見る滝と実際降りたってこの場所から見る滝は迫力が違って見えましたねぇ。 

DSCN5340.jpg

この日は8時頃から歩き始めて美女平に着いたのが14時半でした。約8時間半の山行となりました。

DSCN5351.jpg

DSCN5368.jpg

DSCN5385.jpg

帰り道に有峰林道に向かう手前にある硫黄泉で有名な白樺ハイツで足の裏の疲れを癒やせました〜

PA033340.jpg

訪問日 2015-10-3

スタート地点はこちら
     ↓
blog_import_5268aac7497b7.gif


googleストリートビュー


タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 21:39 | 富山 | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

紅葉の人気スポット 馬場島から登る秋の中山に行ってきた (10月)

この時登った山は上市の中山です。

この山は今シーズン一度登った事があるのですが、今回は富山のお山仲間達との登山です。
お子さんも入れて計5名で賑やかしく登ってまいりました。

集合場所は上市町役場にしました。ですが、この日のこの集合場所は

『第1回 フォトロゲイニング上市まちのわ2015』

の集合場所となっていましたので、辺りのヒトがみんな「トレランで山に登るぞ」的なスタイルしておりました!
そこから中山登山口まで乗り合いで向かいました。山の方角を見ると若干霞んでいて3連休初日は晴れだと思っていましたが曇り空となってました。

DSCN3029.jpg

DSCN3037.jpg

紅葉の秋と言う事ではないのですが、登山口の駐車場は既に多くの車が止まっておりました。
ここは整備されたルートなので、程よい初心者にも優しいルートとなっております。

DSCN3043.jpg

DSCN5429.jpg

DSCN5434.jpg

頂上は多くの人で賑わっており、剣岳の頂も雲に隠れること無く正面にどっしりと見ることが出来ました。

DSCN5475.jpg

DSCN5477.jpg

DSCN5480.jpg

夏場の暑いときはサッとお昼を食べるスタイルでしたが、ややひんやりとしてるこの季節は山では最強の食べ物
 「カップラーメン」
を美味しく頂きました。山頂で食べるカップラーメンはやっぱりおいしいですよね〜!このおいしいカップラーメンを食べたい方は是非山に登りましょう!
そこでしか味わえない味ですので。
今回は更に食後のデザートとして手作りケーキとドリップコーヒーと超豪華な昼食となりました。ケーキもコーヒーもこれまたおいしいんですよね〜

DSCN5486.jpg

DSCN5488.jpg

DSCN5496.jpg

DSCN5502.jpg

DSCN5507.jpg


下りは沢渡りの手作り丸太橋を渡れるルートで降りて行きました。

DSCN5515.jpg

DSCN5521.jpg

DSCN5537.jpg

降りた後は剣岳の早月尾根ルートの入り口にも寄っていきました。

DSCN5540.jpg

DSCN5541.jpg


紅葉にはちょっと未だ早いかなって感じでしたが、部分的には色づく山並みを感じることが出来ました。

今回はゆったり登山でしたので計4時間の山歩きとなりました。
ソロで登るのは「ドキドキ感」があるのですが、大勢では「ワイワイ・楽しく」ってな感じで、こんな山登りもいいなって感じましたね〜
これからも多くの「山仲間」と達成感を共有していきたいですね!!


登山日 2015-10-10


登山口はこちら
   ↓
blog_import_5268ab30892b0.gif


googleストリートビュー


タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 23:50 | 富山 ☀ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

未だ残雪の残る医王山 前医王山に登って来た〜 (3月)

朝から青空だぁ〜  って事で今回登って来たのは前医王山です。
イオックスアローザのゲレンデの様子が見れるライブカメラ映像見てて未だ雪が有るようですが、だいぶ溶けてきている様でしたのでこの山に行って見ることにしました。

DSCN8609.jpg

医王山はいろんなルートが多数ある山で今回は祖谷登山口から前医王山を経由して祖谷道へ下る周回コースで行って見る予定でした。

医王山map.jpg

雪の低山に登る時は何度か夏山ルートを登った事のある山しか行ってなかったのですが、今回は初めてのルートがいきなり雪ルートなので迷わずに登れるのかちょっと心配でもありました。

祖谷登山口に来ると先行者の車が2台止まっておりました。この登山口から更に400m林道を進んだ所に今回登る前医王山登山口があります。

DSCN8612.jpg

登り始めるといきなり急坂が続きます。緩めのさかもあるけどまた急坂。このルートは思っていたよりも急坂のルートでした。
他の山ならこれほどの坂道ならロープはわせてある所が殆どなのですが、シーズンオフ中だからかもしれませんがここにはロープは無し。おまけに滑りやすいので登り慣れてないとかなり苦労する登山ルートとなっておりました。

DSCN8615.jpg

DSCN8619.jpg

DSCN8621.jpg

次第に雪路面となり歩きにくくなってきたので輪カン装備して登って行きます。
おそらく1週間程前にこのルートを下って行った様な足跡は雪面に付いてる所もありましたがその跡も次第に無くなっていました・・・

DSCN8623.jpg

DSCN8625.jpg

DSCN8627.jpg

雪路面の時はルートの目印となるピンクテープに沿って登るのですが、このルートは登り始めはあったのですが、雪路面になり夏道が判らなくなるとテープ目印が無くなります。

なんとなくの方角がわかるのでなんとな〜くさまよいながら進んで行くと最初のピークの目印を偶然見つけれました。そこには「前医王山・胎臓」と書かれてました。

DSCN8628.jpg

そこから前医王山の頂上を目指し雪面を進んで行くとようやく頂上の案内板を見つけれました。

DSCN8630.jpg

特に見晴らしの良い頂上って感じでは無かったです。今の時期だけ見通しあるのでこの山は雪が積もる前と完全に雪解けの時に登るのが良いのかな〜って思いました。
頂上には登れたのだけど次の目的地である百万石道路の林道を目指してその方向に進むと今まで登りだったのが今度はかなり下って行く感じとなっていきました。地図見ても下っている感じになってはいるものの、その先はまたかなり急坂を登っていくような山が見えております。
ルートの判らない雪山歩きに未だ慣れていないし、何となく不安になったので今回は無理せず今来たルートを戻ることにしました。カップラーメン持ってきたのですがおにぎりだけ食べて戻りました。

DSCN8631.jpg

DSCN8632.jpg

帰りはぬかるんだ急な下り坂となりかなり苦労しながら下って行きました。

DSCN8633.jpg

登る時に気づかなかったイノシシが掘り返した跡も登山道横に何カ所も有ることに気づきました〜

今回は2時間半程の山行となりました。

DSCN8638.jpg

今シーズン再リベンジしないと・・・・

GPSナビは持っていないのでこんな場合は有った方がいいな〜と思うそんな山でした。

DSCN8641.jpg


登山出発点はこちら
   ↓
blog_import_5268ab30892b0.gif


GOOGLEストリートビュー (登山口)





タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 22:34 | 富山 ☀ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  富山の山・トレッキング登山リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町 南保富士・猪山 大鷲山 黒菱山 白鳥山
白馬岳 大地山    
入善町 負釣山  
黒部市 唐松岳 僧ヶ岳 駒ヶ岳 鋲ヶ岳
烏帽子岳       
魚津市 僧ヶ岳(東又ルート)
上市町 城ヶ平山・ハゲ山(12月) 千石城山 中山(10月) 高峰山(西種ルート9月)
城ヶ平・ハゲ山(16/1月) 大倉山 中山(7月) 高峰山(西種ルート4月)
大辻山(長尾峠ルート) クズバ山 大熊山 城ヶ平・ハゲ山(17/1月)
立山町 尖山 塔倉山(長倉ルート) 塔倉山(目桑ルート) 塔倉山(長倉ルート2月)
尖山(夏椿峠ルート) 大日平(不動滝) 来拝山(2015/11月) 来拝山(2016/3月)
材木坂・美女平 弥陀ヶ原 大日平(2016/5月) 雄山・大汝・真砂・別山縦走
大日岳 八郎坂・松尾峠 来拝山(2017/3月) 大辻山(2017/5月)
[大日岳2017/7月] 奥大日岳 龍王岳・浄土山・雄山 大日岳(2017/9月)
弥陀ヶ原(2017/10月)      
富山市 小佐波御前山 夫婦山(桐谷小井波ルート) 夫婦山(東松瀬ルート) 白木峰
 祖父岳(桂原ルート) 祖父岳(谷折ルート) 大乗悟山・笹津山 大乗悟山(2月)
瀬戸蔵山 高頭山 大品山・瀬戸蔵山(4月) 唐堀山
鍬崎山 夫婦山(東松瀬・1月) 大乗悟山(1月) 小佐波御前山(2月)
大品山・瀬戸蔵山(5月) 白木峰(2017/6月) 小佐波御前山(11月) 二子山
砺波市 牛岳(新牛岳登山道) 牛岳(3月 二本杉) 牛岳(小牧・稜線ルート) 天狗山
牛岳(3月鍋谷ルート) 三条山 牛岳(12月小牧ルート)   
南砺市 奥医王山・トンビ岩 八乙女山 金剛堂山(11月) 八乙女山(3月)
前医王山 扇山・赤祖父山 高清水山 医王山・鳶岩(5月)
金剛堂山(5月) 高落葉山 奥医王山(横谷峠ルート)  前医王山(2月)
高落葉山(3月) [ 高坪山 ] [ 金剛堂山(2017/4月) ] 八乙女山(5月)
高坪山(5月) 人形山・三ヶ辻山 金剛堂山(2017/6月) 大門山・赤摩木古山
高落葉山(梨谷ルート)      
小矢部市
高岡市 大師ヶ岳・二上山 元取山
氷見市 碁石ヶ峰  
石川県 金沢市 白兀山 宝達山(2016/1月) 宝達山(2017/4月) 医王山 鳶岩・黒瀑山
岐阜県 飛騨市 天蓋山 観音山 安峰山  
白川村 三方岩岳      
高山市 福地山 焼岳(中尾ルート) 位山(あららぎ湖ルート)  
郡上市 大日ヶ岳(8月)  大日ヶ岳・天狗山(2月)    
下呂市 簗谷山 三峯山 御前山  
七宗町 納古山      
関市 [ 蕪山 ] 高賀山    
長野県 小谷村 乗鞍岳 雨飾山    
松本市 焼岳(中の湯ルート) 十石山    
安曇野市 燕岳      
茅野市 蓼科山      
小諸市 黒斑山      
新潟県 糸魚川市 小蓮華山      
妙高市 妙高山      
愛知県 小牧市 小牧山      

  滝訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町 七重滝 親不知の滝    
黒部市 五千僧の滝 高滝谷の滝 鼻の滝  
魚津市 沌滝 横舞の滝  「片貝成谷の滝」  
滑川市 千谷の滝      
上市町 まま子滝 六本滝・十二支の滝 千巌渓  
立山町 称名滝 1 称名滝 2 岩室の滝 ハンノキ滝
滑滝(尖山の滝) 弥陀ヶ原・不動滝 称名滝(秋) ソーメン滝
称名滝(2017/10月)      
富山市  常虹の滝 朝日の滝 川倉不動滝 小糸の不動滝・夫婦滝
布尻の不動滝 四十ヶ滝 百間滑・龍神の滝 釜谷尻の谷の滝
牛滝 東小股の滝 八木山の瀧 不動滝
東小股の上流滝 西小俣の滝 太郎平不動滝 龍王の瀧
三枚滝 松尾の滝  
砺波市 三段の滝 神明の滝 二ツ屋の滝  
南砺市 夫婦滝 不動滝 布滝 真背戸の滝
駆足谷の滝 五條の滝    
小矢部市 宮島峡一の滝 宮島峡二の滝 宮島峡三の滝 観音滝
鼓ヶ滝 やさしきの滝 稲倉の滝  
高岡市 城光寺の滝 不動滝 国分の滝 鳥羽の滝
滝の沢 朝陽の滝 古城の滝 袋谷の滝
氷見市 長寿ヶ滝 夫婦滝 愛蓮の滝  
石川県 金沢市 三蛇ガ滝 白姫滝    
中能登町 不動滝      
津幡町 大滝      
白山市 金剱宮不動滝      
新潟県 妙高市 惣滝 そうめん滝 大滝 光明滝・称明滝
糸魚川市 鼓ヶ滝      
岐阜県 飛騨市 ニコイ大滝      
白川村 白水の滝      
高山市 宇津江四十八滝 平湯大滝 タルマの滝 女男の滝
大倉滝 平滝 銚子の滝 魚返りの滝
三休の滝 岩船の滝 白水の滝  
荘川町 魚帰滝      
郡上市 夫婦滝 駒ヶ滝 阿弥陀ヶ滝 矢納ヶ淵
釜ヶ滝 乙姫の滝 乙姫滝 御手洗の滝
養老市 養老の滝      
下呂市 御滝 横谷峡 四つの滝 のべん滝 だんご淵
小坂町 三ツ滝 からたに滝 あかがねとよ 根尾の滝
七宗町 親猿の滝      

愛知県

犬山市 不老滝      
長野県 小谷村 尾丸滝      
長野市 さざれ滝 八水神    
松本市 親子滝 三本滝(2月) 龍神の滝  
茅野市 蓼科大滝      

  名水訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町      
黒部市  
魚津市 魚津駅前のうまい水
滑川市
上市町 大岩日石寺の藤水 城山の湧水
立山町 熊王の清水 立山玉殿の湧水
富山市 殿様清水 杉谷の霊水 八木山の瀧 ガット出の水
龍神の湧水 松尾山の湧水  
砺波市 瓜裂清水 鴨清水
南砺市 不動滝の霊水 中江の霊水 丸池 妃の清水
御屋敷の清水 岩割の命水 八乙女山名水  
小矢部市
高岡市 弓の清水 気多神社の清泉 バッパショウズ  
氷見市  
石川県 中能登町 智慧の水      
岐阜県  郡上市 円空の森水 蛇穴 宗祇水  
養老市 菊水泉      
飛騨市 タンナカ高原の湧水      
下呂市 念仏岩の湧き水      

  名所訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町      
黒部市  
魚津市 東山円筒分水槽    
滑川市      
上市町 眼目山立山寺  
立山町
富山市 八尾夢あかり 百間滑(2月)
砺波市
南砺市 厳浄閣
小矢部市
高岡市 雨晴海岸
氷見市
石川県 金沢市 兼六園
新潟県
岐阜県 飛騨市
白川村
高山市
荘川町
郡上市
下呂市 岩屋岩陰遺跡
七宗町
愛知県 名古屋市 熱田神宮 リニア鉄道館 大須観音
長野県 長野市 戸隠神社
松本市      
三重県 伊勢市 伊勢神宮