2016年06月26日

雲上の花畑・シーズン中の白木峰に登って来た!

今回登って来たのは雲上の花畑・白木峰です

毎年この時期になると「ニッコウキスゲは今年はどうなの?」ってな話題になる県内では超メジャーな山です。
今回は友達と登って来ました。
当初、早朝早い時刻に登山口駐車場まで行く予定ではありましたが、朝から雨模様の予報。なのでだいぶ遅らせて行くことにしました。
まぁ雨降ってるからさほど駐車場は混まないだろうと思ってましたが現場に到着すると既に駐車場は満杯で林道横まで車があふれかえってました。

DSCN0481.jpg


到着時は未だ小雨がパラついてましたのでしばし待機して雨が上がってから登り始めました。
予想通り登山道はグチャグチャでしたね〜

DSCN0485.jpg

DSCN0486.jpg

DSCN0487.jpg

DSCN0488.jpg

DSCN0490.jpg

DSCN0494.jpg

DSCN0495.jpg

DSCN0496.jpg

DSCN0498.jpg

DSCN0503.jpg

かなりスローペースで今回は登って行きました。なので物足りなかったのですが約1時間程で頂上付近に到着。周辺はガスっていましたし、微妙に寒い感じが致しました。

DSCN0509.jpg

DSCN0512.jpg

DSCN0513.jpg


今年は昨年来た時よりもニッコウキスゲは辺り一面に咲いてました。ガスっていたのが悔やまれました。

DSCN0515.jpg

DSCN0517.jpg

DSCN0518.jpg

DSCN0519.jpg

DSCN0520.jpg


DSCN0522.jpg

DSCN0523.jpg

DSCN0526.jpg

DSCN0529.jpg

DSCN0539.jpg



ですがしばらく浮島周辺にいたらやがてガスが晴れ、雲の合間から青空が見え始めました。


DSCN0556.jpg


DSCN0562.jpg

DSCN0566.jpg

なのでようやく風も涼しく気持ちの良い白木ヶ峰に来れた〜って実感できました!

DSCN0569.jpg

DSCN0574.jpg

DSCN0577.jpg

DSCN0581.jpg


DSCN0587.jpg

DSCN0589.jpg


DSCN0593.jpg

DSCN0599.jpg


DSCN0600.jpg

ホントは一つ手前にある登山口から登りたかったし出来れば小白木峰まで行きたかったのですが友達と出かけたのであえなく却下され普通の登山ルートと帰りは林道で下って行きました。

DSCN0614.jpg

今回はかなりゆっくりとした散策となりましたので約4時間弱の山行となりました。


shirakimap.jpg


帰りに大長谷温泉に入る予定でしたが駐車場にはかなり車が駐まっていましたので八尾のゆうゆう館で温泉に入ってきました。


登山口はこちら
   ↓
blog_import_5268abec69ff5.gif


googleearth




タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 22:30 | 富山 ☀ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

埋蔵金伝説でお馴染み ゴンドラ山頂駅から行く鍬崎山に登って来た〜

今回登って来たのは佐々成政の埋蔵金伝説でお馴染みの鍬崎山です。
この日は朝焼けの輝く絶好の天気となっておりました。

スタート地点はらいちょうバレーのゴンドラ山頂駅からです。
シーズン中の土日はゴンドラが動き出す時間がAM6時からとなっておりますので朝一で乗ることにしました。

DSCN0364.jpg

往復で1000円なのですが、近隣3カ所選べる温泉付きチケットが1200円でしたので200円で温泉に入れるオトクなチケットにしました。
この温泉チケットですがシーズン中の11月頃まで有効ですので後日入る事も出来ます。

ゴンドラを降りて瀬戸蔵山を通り次の大品山には約1時間程で到着。

DSCN0371.jpg

DSCN0373.jpg

ちょうど1週間後が立山山麓トレイルランの大会開催日です。ゴンドラ山頂駅から大品山までの間もコースの一部となっております。この日もトレーニングに来てる人いるだろうなぁ〜って思っていました。

DSCN0375.jpg

DSCN0376.jpg

DSCN0377.jpg

DSCN0380.jpg

DSCN0387.jpg


ちょうど大品山に到着してまもなくトレランの方がきました。鍬崎山まで走って行くとの事で、トレランする方は凄いなぁって思いましたね。

DSCN0382.jpg

DSCN0389.jpg

DSCN0390.jpg


大品山からガッカリ下り坂を進み気持ちの良いブナ林を進みまた登り返します。

DSCN0393.jpg

DSCN0396.jpg

DSCN0397.jpg

DSCN0398.jpg


鍬崎山までは羽虫がたくさん飛んでいるとの事を聴いていたのですが、想像以上にこの日は飛びまくっておりかなりうっとうしかったです。特に日の当たらない所には多かったです。立ち止まるとまとわりつくので休憩もあまりせずにモクモクと登って行きました。

DSCN0408.jpg

DSCN0410.jpg

DSCN0416.jpg

最初の目的地であるクサリ場も無事に登り切り、鍬崎山頂が近づいて見える少し開けた場所あたりからはガクンと登る速度が遅くなりました。

DSCN0420.jpg

DSCN0424.jpg

DSCN0425.jpg


DSCN0428.jpg

DSCN0430.jpg

DSCN0432.jpg

DSCN0435.jpg

休憩せずに登り続けたのとこの日の気温が高めだったからだと思うのですがだんだんとバテていきました・・・かなりスローペースで登って行き約3時間半程で頂上に到着いたしました。

DSCN0439.jpg


ここからようやくご褒美タイムとなりました〜 頂上近辺は風も涼しく360度見渡せる景色がそこにはありました〜。

DSCN0440.jpg

DSCN0441.jpg

DSCN0442.jpg

DSCN0443.jpg

DSCN0444.jpg

弥陀ヶ原の先には雄山の頂上が。大日岳の奥には剣の頂きも見え、頂上の標識の奥には薬師岳の全貌が見えます。最近登った山の中ではここがバツグンの展望でした!!!

DSCN0445.jpg

DSCN0447.jpg

DSCN0449.jpg

DSCN0451.jpg

DSCN0452.jpg

山頂から下り始めるとぞくぞくと他の登山者とすれ違い、山頂はかなり混雑するんだろうなって感じに思えました。早めの行動開始で良かったって思いました。

DSCN0454.jpg

DSCN0457.jpg

山頂近くには埋蔵金どころかススタケも捕られること無く未だあちこちに食べ頃サイズが生えてました! まぁススタケ捕ってる所ではないだる〜い山道でしたね〜

下りは登って来た時よりも羽虫が飛んでるのが少なくなってきていましたので歩きやすくなっておりました。

大品山の山頂でお昼食べようと思ったのですが、ここのベンチは日差しが当たっており暑かったので次の瀬戸蔵山まで疲れながら進んで行きようやくユックリお昼休憩となりました。


DSCN0461.jpg

DSCN0466.jpg

休んでから元気あればここからゴンドラ使わずに下って行こうと思ったりもしていたのですが結構足にきていましたのでおとなしくゴンドラで下って行くことにしました。ようやくゴンドラ頂上駅に到着し、今回の山行は約7時間半程となりました。

DSCN0469.jpg

気温も高く暑かったので温泉は後日利用する事にしました。

今回の反省点はザックの荷物は軽めでこの山は登ろうって所ですかねぇ。それと結構下りで使っている方見かけたのですが顔の周りには防虫ネットあった方がいいなって思いました。

羽虫の飛ばないシーズンにならまたいつか登ってみたいそんな疲れた鍬崎山でした。

DSCN0476.jpg


kuwasakimap.jpg


登山スタートはこちら
   ↓
blog_import_5268ab980a810.gif


GOOGLEEARTH




タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 22:39 | 富山 | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

海抜0メートルから登る!! 登山口が新潟との県境にある山 大鷲山に登って来た〜

今回登って来たのは大鷲山です。
山仲間と登ってまいりました。

この山の登山口は新潟との県境にあり国道8号線のすぐ脇にあります。なので海の直ぐ近くが登山口となっております。
全国にはおそらくあると思いますがこの山は近県には無い海抜0メートルから登れる山として有名です。
今回のスタートは駐車した所から一度ヒスイ海岸に寄って、そこでヒスイ探しもせずそこからのスタートといたしました。

DSCN0294.jpg

DSCN0295.jpg

登山口には標識があり大鷲山登山口入り口の案内と共に「山頂まで5キロ、3時間」とそこには書かれております。

DSCN0296.jpg

DSCN0297.jpg



階段を上ってから用水路沿いに歩いて行き小さなコンクリ橋を渡りそこから山に登って行きます。

DSCN0298.jpg

DSCN0299.jpg

一気に急登を登って行くと送電線鉄塔がある所にたどり着きます。

DSCN0306.jpg


この登山ルートはいきなり急登が続いております。この時は風もあまり吹いてはおらず少し蒸し暑い感じでしたのでいきなり疲れましたね〜

DSCN0301.jpg

DSCN0302.jpg

時折左手に開けている所があるのでそこからは親不知方向の海が見渡せます。

DSCN0304.jpg

この日は若干霞んでおり水平線はちょっと見えずらかったのですが、山に登りながら海を見渡せるそんな登山ルートです。
北陸新幹線のレールも眼下に見え通過しないかなぁ〜と覗けるそんな展望場所もありました。

DSCN0308.jpg

DSCN0310.jpg

せっかく登って来たのに一度下るガッカリ急斜面を下りそして再び登って行くとようやく林道に出ます。そこには展望広場があり大きな石碑がありました。

DSCN0311.jpg

DSCN0314.jpg


ここの展望広場は海からの風が気持ち良く吹いておりました。この展望広場までは車で来ることも出来、ここから大鷲山に登ってる方もいました。

しばし休憩してから林道を横断し、再び山道を登るとそこには「大鷲山 中間登り口 山頂へ2キロ1時間15分」と案内されてる標識があります。

DSCN0316.jpg

DSCN0318.jpg

DSCN0321.jpg

DSCN0322.jpg

DSCN0323.jpg

DSCN0325.jpg

DSCN0327.jpg

DSCN0328.jpg

DSCN0329.jpg

そこからしばらく登るとようやく尾根の緩斜面を歩きようやく広々とした頂上に到着。

海抜ゼロメートル地点の海岸から約2時間50分程で頂上に到着いたしました。

DSCN0332.jpg


頂上からは展望も良く海も山の展望はもちろんですが入善・黒部の町並みや湾曲した富山湾の全貌、能登半島も見ることができました。この日は霞みがちでしたのがちょっと残念でしたね。

DSCN0334.jpg

DSCN0336.jpg

DSCN0340.jpg

DSCN0346.jpg



下りはサクサクと降りて行けました。海方向に向かって降りて行くので風も感じられ登ってきた時よりも体感的には楽でした。

DSCN0352.jpg


今回は約5時間20分程の山行となりました。

ここは出来れば涼しい季節に登りたい、そんな結構大変な山でした!


oowashimap1.jpg

oowashiphoto.jpg



ところでこの山の近くには同じく鳥の名前が付いてる「白鳥山」があるのですが、そこにもいつか登ってみたいですね〜



登山口はこちら
   ↓
blog_import_5268ab3c3ca95.gif


GOOGLEストリートビュー


タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 21:50 | 富山 ☔ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

整備されたルート。だが急登もある、帰りは温泉でのんびりも出来る山 負釣山に登って来た!

今回登って来たのは負釣山です。

宇奈月に近い入善にある源泉掛け流しの温泉、バーデン明日の前を通り登山口に向かいます。
この登山口までのルートには行政が設置した「負釣山登山道」の看板が割と何カ所にも設置されておりました。

DSCN0070.jpg


登山口に到着すると驚き。この日はイマイチな天候でしたが既に駐車スペースは10台程駐まっており満車状態でした。

DSCN0071.jpg

DSCN0072.jpg

それと偶然にも富山の山仲間とも駐車場でバッタリ遭遇。

そんな驚きもありサクサクとルートを登って行きます。

DSCN0077.jpg

整備されておりルート幅もあって登りやすかったです。途中には目安となる1合目〜9合目の案内板が設置されております。

DSCN0087.jpg

途中には何カ所は見通せる展望スポットがありますがこの日は曇り空で展望はイマイチでした。

DSCN0089.jpg


割と急登でロープはわせてある所もありましたが、そのうち2カ所は急ルートを迂回できるちょっとした道が整備されておりました。

DSCN0078.jpg

DSCN0082.jpg

DSCN0084.jpg

DSCN0092.jpg

細尾根急登の楽しいコースで約1時間半程で頂上に到着。既に多くの人達で賑わっておりました〜

DSCN0103.jpg

DSCN0110.jpg

ちょっと早いお昼を食べてからここから更に先に有る負釣山南峰にも出向いてきました。

DSCN0108.jpg

ですが、結構ガスってきており頂上からは展望もなく今回も何も見えね〜状態でした。

DSCN0109.jpg

DSCN0115.jpg

DSCN0116.jpg

DSCN0117.jpg

DSCN0118.jpg

DSCN0120.jpg



下りも順調に下って行きましたが、登山口が見えた所で今回も油断してしまい何でも無い所なのにコケてしまいました。この点は反省です!!
今回は3時間40分程の山行となりました。

帰り道はバーデン明日の温泉に入って参りました! 下山後の温泉は気持ち良いですね〜 ここの露天風呂は割と広々としておりいい感じでした。

DSCN0130.jpg

そういえばこの温泉の道を挟んで前にある駐車場の横には誰でも無料で利用出来る「ひばり野湯」と書かれてある足と手を湯に浸けれるスポットがありました。下山後ここに寄るのもアリなのかな〜って思いましたね。

DSCN0125.jpg

DSCN0126.jpg




登山口はこちら
   ↓
blog_import_5268aad6d6fbb.gif


googleストリートビュー


タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 22:37 | 富山 ☁ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  富山の山・トレッキング登山リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町 南保富士・猪山 大鷲山 黒菱山 白鳥山
白馬岳 大地山    
入善町 負釣山  
黒部市 唐松岳 僧ヶ岳 駒ヶ岳 鋲ヶ岳
烏帽子岳       
魚津市 僧ヶ岳(東又ルート)
上市町 城ヶ平山・ハゲ山(12月) 千石城山 中山(10月) 高峰山(西種ルート9月)
城ヶ平・ハゲ山(16/1月) 大倉山 中山(7月) 高峰山(西種ルート4月)
大辻山(長尾峠ルート) クズバ山 大熊山 城ヶ平・ハゲ山(17/1月)
立山町 尖山 塔倉山(長倉ルート) 塔倉山(目桑ルート) 塔倉山(長倉ルート2月)
尖山(夏椿峠ルート) 大日平(不動滝) 来拝山(2015/11月) 来拝山(2016/3月)
材木坂・美女平 弥陀ヶ原 大日平(2016/5月) 雄山・大汝・真砂・別山縦走
大日岳 八郎坂・松尾峠 来拝山(2017/3月) 大辻山(2017/5月)
[大日岳2017/7月] 奥大日岳 龍王岳・浄土山・雄山 大日岳(2017/9月)
弥陀ヶ原(2017/10月)      
富山市 小佐波御前山 夫婦山(桐谷小井波ルート) 夫婦山(東松瀬ルート) 白木峰
 祖父岳(桂原ルート) 祖父岳(谷折ルート) 大乗悟山・笹津山 大乗悟山(2月)
瀬戸蔵山 高頭山 大品山・瀬戸蔵山(4月) 唐堀山
鍬崎山 夫婦山(東松瀬・1月) 大乗悟山(1月) 小佐波御前山(2月)
大品山・瀬戸蔵山(5月) 白木峰(2017/6月)    
砺波市 牛岳(新牛岳登山道) 牛岳(3月 二本杉) 牛岳(小牧・稜線ルート) 天狗山
牛岳(3月鍋谷ルート) 三条山    
南砺市 奥医王山・トンビ岩 八乙女山 金剛堂山(11月) 八乙女山(3月)
前医王山 扇山・赤祖父山 高清水山 医王山・鳶岩(5月)
金剛堂山(5月) 高落葉山 奥医王山(横谷峠ルート)  前医王山(2月)
高落葉山(3月) [ 高坪山 ] [ 金剛堂山(2017/4月) ] 八乙女山(5月)
高坪山(5月) 人形山・三ヶ辻山 金剛堂山(2017/6月) 大門山・赤摩木古山
高落葉山(梨谷ルート)      
小矢部市
高岡市 大師ヶ岳・二上山 元取山
氷見市 碁石ヶ峰  
石川県 金沢市 白兀山 宝達山(2016/1月) 宝達山(2017/4月) 医王山 鳶岩・黒瀑山
岐阜県 飛騨市 天蓋山 観音山 安峰山  
白川村 三方岩岳      
高山市 福地山 焼岳(中尾ルート) 位山(あららぎ湖ルート)  
郡上市 大日ヶ岳(8月)  大日ヶ岳・天狗山(2月)    
下呂市 簗谷山 三峯山 御前山  
七宗町 納古山      
関市 [ 蕪山 ] 高賀山    
長野県 小谷村 乗鞍岳 雨飾山    
松本市 焼岳(中の湯ルート) 十石山    
安曇野市 燕岳      
茅野市 蓼科山      
小諸市 黒斑山      
新潟県 糸魚川市 小蓮華山      
妙高市 妙高山      
愛知県 小牧市 小牧山      

  滝訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町 七重滝 親不知の滝    
黒部市 五千僧の滝 高滝谷の滝 鼻の滝  
魚津市 沌滝 横舞の滝  「片貝成谷の滝」  
滑川市 千谷の滝      
上市町 まま子滝 六本滝・十二支の滝 千巌渓  
立山町 称名滝 1 称名滝 2 岩室の滝 ハンノキ滝
滑滝(尖山の滝) 弥陀ヶ原・不動滝 称名滝(秋) ソーメン滝
称名滝(2017/10月)      
富山市  常虹の滝 朝日の滝 川倉不動滝 小糸の不動滝・夫婦滝
布尻の不動滝 四十ヶ滝 百間滑・龍神の滝 釜谷尻の谷の滝
牛滝 東小股の滝 八木山の瀧 不動滝
東小股の上流滝 西小俣の滝 太郎平不動滝 龍王の瀧
三枚滝 松尾の滝  
砺波市 三段の滝 神明の滝 二ツ屋の滝  
南砺市 夫婦滝 不動滝 布滝 真背戸の滝
駆足谷の滝 五條の滝    
小矢部市 宮島峡一の滝 宮島峡二の滝 宮島峡三の滝 観音滝
鼓ヶ滝 やさしきの滝 稲倉の滝  
高岡市 城光寺の滝 不動滝 国分の滝 鳥羽の滝
滝の沢 朝陽の滝 古城の滝 袋谷の滝
氷見市 長寿ヶ滝 夫婦滝 愛蓮の滝  
石川県 金沢市 三蛇ガ滝 白姫滝    
中能登町 不動滝      
津幡町 大滝      
白山市 金剱宮不動滝      
新潟県 妙高市 惣滝 そうめん滝 大滝 光明滝・称明滝
糸魚川市 鼓ヶ滝      
岐阜県 飛騨市 ニコイ大滝      
白川村 白水の滝      
高山市 宇津江四十八滝 平湯大滝 タルマの滝 女男の滝
大倉滝 平滝 銚子の滝 魚返りの滝
三休の滝 岩船の滝 白水の滝  
荘川町 魚帰滝      
郡上市 夫婦滝 駒ヶ滝 阿弥陀ヶ滝 矢納ヶ淵
釜ヶ滝 乙姫の滝 乙姫滝 御手洗の滝
養老市 養老の滝      
下呂市 御滝 横谷峡 四つの滝 のべん滝 だんご淵
小坂町 三ツ滝 からたに滝 あかがねとよ 根尾の滝
七宗町 親猿の滝      

愛知県

犬山市 不老滝      
長野県 小谷村 尾丸滝      
長野市 さざれ滝 八水神    
松本市 親子滝 三本滝(2月) 龍神の滝  
茅野市 蓼科大滝      

  名水訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町      
黒部市  
魚津市 魚津駅前のうまい水
滑川市
上市町 大岩日石寺の藤水 城山の湧水
立山町 熊王の清水 立山玉殿の湧水
富山市 殿様清水 杉谷の霊水 八木山の瀧 ガット出の水
龍神の湧水 松尾山の湧水  
砺波市 瓜裂清水 鴨清水
南砺市 不動滝の霊水 中江の霊水 丸池 妃の清水
御屋敷の清水 岩割の命水 八乙女山名水  
小矢部市
高岡市 弓の清水 気多神社の清泉 バッパショウズ  
氷見市  
石川県 中能登町 智慧の水      
岐阜県  郡上市 円空の森水 蛇穴 宗祇水  
養老市 菊水泉      
飛騨市 タンナカ高原の湧水      
下呂市 念仏岩の湧き水      

  名所訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町      
黒部市  
魚津市 東山円筒分水槽    
滑川市      
上市町 眼目山立山寺  
立山町
富山市 八尾夢あかり 百間滑(2月)
砺波市
南砺市 厳浄閣
小矢部市
高岡市 雨晴海岸
氷見市
石川県 金沢市 兼六園
新潟県
岐阜県 飛騨市
白川村
高山市
荘川町
郡上市
下呂市 岩屋岩陰遺跡
七宗町
愛知県 名古屋市 熱田神宮 リニア鉄道館 大須観音
長野県 長野市 戸隠神社
松本市      
三重県 伊勢市 伊勢神宮