2017年05月29日

また登りに来たよ 五箇山相倉集落の近くにある山 高坪山

今回登って来たのは五箇山相倉集落の近くにある山 高坪山です。

ここは先月の4月上旬に来たのですが、その時は長い林道が雪のトラバース斜面となっていました。それに雪崩の心配もあったので断念した山です。
今回はリベンジって程では無いのですが今のうちにさっさと登っちゃおうって事で行って参りました。
ここの登山ルートはまず林道から道宗道が続いている尾根を登り、ふたたび林道に出てからしばらくその道を歩きそこからようやく高坪山の割とすぐに登れそうな距離の登山道を上る林道歩きが長いそんなルートとなっております。

登山開始地点は道宗道である宮谷尾根登り口からです。手前に車が何台も止めれるスペースあるのでそこから歩き始めます。
この日は山菜を採りに来られた方がここの駐車スペースに既に駐めておりました。

先月は案内表示が雪で埋まっており入り口が判らなかったのですが、他の道宗道にもあるタイプの物がここにもありました。

DSCN7518.jpg


DSCN7517.jpg



登り初めからいきなり急登尾根となっております。雪の時は展望も開けて自由にジグ切りながら登れましたが今の時期は登山ルートだけ開けてる直登尾根ルートなんでよりキツく感じられました。よく雪の時登れたなぁって思いましたね〜。

DSCN7520.jpg

DSCN7521.jpg

DSCN7522.jpg

昔からある道宗道のルートなので判りやすく割と幅もあるそんな道となってました。ここは道宗道トレラン大会でも使われているのでその前にはもっと整備されてるのかなぁ。

http://gokayama-doshutrail.com/2017/コース/


DSCN7524.jpg


DSCN7525.jpg


DSCN7527.jpg

尾根道を上りきると林道に出ます。

DSCN7529.jpg


ここにも目印となる道宗道の標識があります。左に見える山が高坪山

DSCN7530.jpg


たいらスキー場の山が見えてます
DSCN7531.jpg

ここからが割と距離のある林道歩きとなります。

DSCN7533.jpg

DSCN7534.jpg

この日の天候は晴れのはずなのにどんよりとした曇り空、一瞬雨もパラつくそんな日でした。

DSCN7537.jpg


林道から下を見ると谷筋の方には未だ雪あるなぁ〜と見てたらカモシカが遠くにいました。

DSCN7535.jpg

そのうち林道横にも残雪ある所ありました。

DSCN7539.jpg

しばらく歩くと右側に道宗道の標識とやたらとロープがはわせてある登りにくそうな分岐ルートがありました。

DSCN7540.jpg

DSCN7541.jpg


時間もあることですのでここから道宗道を少し登ってみました。


DSCN7543.jpg


割と急登でここもトレラン大会のルートの一部となってる所です。

DSCN7545.jpg

で、進んで行くと展望の良い「宮谷の頭」に来ました。

DSCN7547.jpg

ここから先は下ってましたのでここで引き返しました。山頂では無いけど標高が高い所なので「頭」って名称なんでしょうかね。
そう言えば黒斑山にも「トーミの頭」と言う標高点あるなぁって思いましたね。
再び林道に戻り高坪山登山口を目指します。

途中に林道の分岐がありますので、左側の道を進みます。

DSCN7548.jpg

DSCN7549.jpg

DSCN7551.jpg

DSCN7552.jpg

DSCN7553.jpg

DSCN7555.jpg



見るからに二等辺三角形のおにぎり型の頂が近づいてきてようやく登山口が右手にありました。

DSCN7556.jpg

DSCN7557.jpg

登り初めは結構ぐちゃぐちゃ道でした。ですがその先はまさかの階段が整備されておりました。

DSCN7558.jpg

それも思ってたよりも細尾根急登の階段。

DSCN7559.jpg

寄り道せず先にココ登ってから宮谷の頭行った方が良かったのかなぁ〜って思いながら登ると広い広場に出てそこから更に奥にちょっと行くとようやく高坪山の頂上となっておりました。

DSCN7564.jpg


DSCN7560.jpg

DSCN7561.jpg


この山頂からの展望はイマイチだったのでちょっと残念。

DSCN7567.jpg

山頂にあったプレート見るとここは県の自然公園の一部なんですねぇ。だから歩いて来た林道もこんな山奥なのにブルドーザーで馴らした跡があったのかなぁ。
お昼食べるには未だ時間あったので休憩せず再び戻っていきました。

DSCN7569.jpg

DSCN7570.jpg

DSCN7573.jpg

DSCN7574.jpg


帰り道の林道からは雪の大笠山の頂が綺麗に見渡せました。

DSCN7577.jpg

DSCN7578.jpg

DSCN7579.jpg

DSCN7585.jpg

DSCN7586.jpg

正面の山は高落葉山
DSCN7588.jpg

DSCN7592.jpg

DSCN7593.jpg



この日は青空では無かったのだけど曇りだったから林道歩きもさほど暑さも感じず歩けたのかなぁと思いながら下って行き駐車スペースに戻ってきました。

DSCN7595.jpg

今回は約3時間20分程の山行となりました。

山歩きの方も2名いらっしゃったのですが駐車スペースには山菜捕りの車の方が多かったです・・・。

DSCN7597.jpg

そういう私も今回はススタケ捕って来ましたけど〜

お昼は今回も庄川の河川敷公園で食べてきました!

DSCN7600.jpg

DSCN7602.jpg

林道歩きもあったけど道宗道を歩いてきた高坪山でした。

takatsubomap.jpg

takatsubogoogle.jpg


登山スタートはこちら
    ↓
blog_import_5268ad1d08c44.gif


googleearth


タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 21:54 | 富山 ☀ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

大品山と瀬戸蔵山ぐるっと周回コース登って来た〜

今回登って来たのは大品山・瀬戸蔵山です。

この山に登るにはいくつかルートがあります。単に頂上だけ行きたいのならスキー場のゴンドラに乗ってそこから縦走すればお気軽に登る事ができます。
ですがこのゴンドラは老朽化で今後2年間は運休が決まっておりますので今は麓から登るコースだけとなってます。
今回はあわすのスキー場の麓から導水管の横に沿って登って行く大品山遊歩道経由で登り大品山に登ってから瀬戸蔵山に行きそこから下り、龍神の滝・百間滑を通るぐるっと周回コースで行きます。

スタートはお馴染み旧ロッジわがやの横からです。

DSCN7366.jpg


そこから杉林を進み導水管がある大品山遊歩道から登って行きます。

DSCN7367.jpg


DSCN7368.jpg

DSCN7369.jpg

DSCN7370.jpg

登って行くと時折導水管が見えたりあわすのスキー場のゲレンデ横に出たりします。この日はゲレンデの途中で山菜獲りしてる方を見かけました。随分上まで登って捕るんだなぁと関心いたしましたね。

DSCN7373.jpg

DSCN7374.jpg


やがてゲレンデ最上部のリフトまで登り、ここから導水管の横にある遊歩道を上っていきます。


DSCN7377.jpg


導水管の上を横切りやがて広くてゆるやかな道路となります。


DSCN7379.jpg

DSCN7380.jpg

DSCN7381.jpg

DSCN7382.jpg

DSCN7383.jpg


美女平のケーブル頂上駅が真横に見えたり大日岳が綺麗に見えるそんな所を歩いて行くと貯水地に出ます。


DSCN7386.jpg

DSCN7384.jpg

DSCN7387.jpg

DSCN7390.jpg


ここまでは遊歩道的な道だったのですが、ここからがこのルートのちょっとややこしい道となります。


DSCN7391.jpg


DSCN7392.jpg


昨年もこの周回コースを歩きました。その時は地理院地図に示されてるルートに沿って歩いたのですが、結構崩れてる所が多かったので、今回は貯水池からすぐ尾根沿いに沿って現在皆さん歩かれてるルートで登って行きます。
尾根の入り口は赤い布状マーキングがありますのでそこから登って行きます。


DSCN7393.jpg


急登で細い道を登って行くとやがて細尾根の部分になっていきます。


DSCN7394.jpg

DSCN7396.jpg

DSCN7398.jpg


大きめの杉の幹を見ると真新しいクマの登った痕跡がありました。


DSCN7399.jpg


こんな細尾根で遭遇したらイヤだなぁ〜って思い周りを伺いながら更に登って行きます。


DSCN7401.jpg


やがてブナ林となっていき、新緑の緑が鮮やかな中を登って行くと時折残雪が現れ始めました。
ちょっと注意が必要な所もあり、夏道ルートと冬専用のルートがここにはあり、若干ピンクテープ印が夏道ルートと違う所もあったりしますので常に周囲を見渡しながら登って行きます。


DSCN7402.jpg

DSCN7403.jpg

DSCN7404.jpg

DSCN7405.jpg


昨年はクマの足跡があったのですが今年の雪上の足跡は幸い人の様でした。


DSCN7407.jpg

DSCN7408.jpg

DSCN7409.jpg


やがて広いブナ林となっていき次第に雪も多く残っている所に出ます。


DSCN7410.jpg


そこで改めて周辺を見渡すと、緑のブナの葉と足下の残雪のその姿が今までこんな景色見たこと無いなぁって所に出ました。


DSCN7411.jpg

DSCN7412.jpg

DSCN7413.jpg

DSCN7414.jpg


今の時期限定の不思議な景色を見ながら登って行くとようやく昨年歩いた見覚えのある場所に出てきました。
昨年登った時よりも1ヶ月遅いのに今年の方が残雪多めでした。


DSCN7416.jpg

DSCN7419.jpg


こんな人気の無い残雪のブナ林を進むと一人の方が降りてきました。聴くと瀬戸蔵山から登って大品山から下りる私と逆の周回コースの様。判りにくいルートなので、その方も私と逢ってルート合ってて良かった〜的な事を言っておられましたね。


DSCN7420.jpg

DSCN7421.jpg

DSCN7423.jpg


頂上に近づくにつれ斜度も上がっていきましたが一応持っていったのですが軽アイゼン無しでもなんとか登っていけました。


DSCN7424.jpg

DSCN7425.jpg

DSCN7427.jpg


ようやく斜面を登りまずは鍬崎山への案内板を見つけます。


DSCN7429.jpg

DSCN7430.jpg

DSCN7431.jpg

DSCN7433.jpg


そこから大品山頂上の看板ある所を目指し広々とした雪面を進むとベンチのある頂上に到着。


DSCN7435.jpg

DSCN7436.jpg


この時は会社の仲間達と登って来られたグループの方々がいらっしゃいました。


DSCN7438.jpg

DSCN7440.jpg


雪面はひんやりとした空気だったのですが瀬戸蔵に向かう稜線上は日も当たり、雪解けも進んでおりましたので意外と蒸し暑く感じられました。


DSCN7441.jpg

DSCN7443.jpg

DSCN7444.jpg

DSCN7445.jpg

DSCN7446.jpg


瀬戸蔵山のベンチでようやく休憩。ここからは大日岳から弥陀ヶ原、立山までよく見渡せましたね。


DSCN7447.jpg

DSCN7448.jpg

DSCN7449.jpg

DSCN7450.jpg


しばし休んでから下って行きます。


DSCN7454.jpg

DSCN7455.jpg

DSCN7456.jpg


ここからはひたすら階段を下っていき新緑の中の龍神の滝を眺め、冷たくバツグンにうまい松尾山の湧水を飲んですっかり雪の無くなった百間滑を通りスタート地点に戻ってきました。


DSCN7458.jpg

DSCN7459.jpg

DSCN7460.jpg

DSCN7462.jpg

DSCN7467.jpg

DSCN7473.jpg

DSCN7479.jpg

DSCN7483.jpg


DSCN7488.jpg

DSCN7492.jpg


今回は4時間45分程の山行となりました。

これからはヒンヤリとした山登りから暑さを感じる山登りシーズンになっていくんだろうねぇ。


ooshinasetokura.jpg

ooshinagoogle.jpg


登山開始はこちら
  ↓
blog_import_5268ac926c4a7.gif 


googleearth


タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 21:45 | 富山 ☁ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

久しぶりに登って来たよ 人気のある大辻山

今回登って来たのは皆さんお馴染みの大辻山です。

ちょうど2ヶ月前の3月に隣の来拝山に登りに来た時から登山口までの林道の雪解けを待ってました。今年は雪が多く5月連休明けにようやく登山口までの林道上の雪が溶けたようなので早速登りに行ってきました。
アルペン村近くの道路には称名道路の案内が出ており称名滝の全貌は見れません的な案内されておりましたね。

雄山神社横から立少方面に向かうと、春の山菜シーズンなので道路脇には多数車が駐まってました。
駐車スペースのある長尾峠に来ると既に多くの方が来ており満車状態となっておりました。さすが人気のある山だなぁ〜って思いましたね。

今回は長尾山はスルーし、大辻山本道登山口の9番の標識から登るので最初は林道を歩い行きます。すると脇には未だ残雪も残っており倒木もあって車で先に進む事が出来ない様でした。

DSCN7295.jpg


DSCN7296.jpg

DSCN7297.jpg


登山口から登り始めると前日の雨の影響もあると思いますが思っていたよりもグチャグチャ道が続いておりました。この日は登り始めたときは天候も良く少し蒸し暑く感じられる時もありました。

DSCN7298.jpg


DSCN7299.jpg

DSCN7300.jpg


DSCN7304.jpg

しばらく進むと谷の方は残雪も見られ、標高上げるとルート上にも残雪がありました。

DSCN7307.jpg

昨年はこの山に登って無く、どんなルート状況だったか忘れていたのですが、思っていたよりも崩れて登りにくく段差あるな〜って所も有りましたね。
最近はいろんな山登ってもさほど疲れる事なかったのに今回は何故か登りでバテたりしましたね〜


DSCN7309.jpg

DSCN7310.jpg

DSCN7311.jpg

DSCN7312.jpg


DSCN7313.jpg


DSCN7315.jpg


雪解けでグチャグチャな所を登って行きやがて高峰山方面の分岐点を過ぎ、頂上までもう一息の10番の番号の所からはずっと雪上を歩く感じになりました。

DSCN7316.jpg

DSCN7317.jpg

DSCN7318.jpg

DSCN7319.jpg

DSCN7320.jpg

頂上に到着するとそこには10名以上おり、久々に賑やかな山頂に登って来たな〜って思いました。


DSCN7321.jpg

DSCN7322.jpg


山頂からは展望も良く、未だ全貌が見れない称名滝やハンノキ滝も肉眼で見ることも出来、室堂ターミナルか弥陀ヶ原高原ホテルかの建物もよく見えましたね。
もちろん剣や立山、大日もよく見えましたね。

DSCN7323.jpg

DSCN7324.jpg

DSCN7327.jpg

DSCN7328.jpg


DSCN7333.jpg

DSCN7334.jpg

休憩してるとこれがあっという間に真っ白になり、その時に頂上に登ってきた方にさっきまでの展望の事を言うと残念がってましたね〜。
休憩後下って行くと次から次えと登ってくる方々とすれ違いました。皆さん雪解けを待ってたんだな〜って思いました。

DSCN7335.jpg

DSCN7337.jpg


DSCN7338.jpg


DSCN7340.jpg


DSCN7341.jpg


登山口に戻り駐車してある長尾峠まで戻ります。

DSCN7342.jpg


すると途中にあった倒木は車一台分通れるだけに誰かがノコで切断した様でした。山菜採りのベテランの方は用意周到だなって思いましたね。

DSCN7344.jpg

DSCN7345.jpg


駐車場に戻る途中から路肩に駐めてる車が多く出てきて、この日は早めに来て良かった〜って思いました。

DSCN7346.jpg

DSCN7347.jpg


今回は約3時間半の山行となりました。

この山は他のルートも歩いて見たいし今回バテてしまった事にもちょっと不満あるので今年はまた登りに来ないと!!


ootsuji.jpg


ootsujiearth.jpg


登山開始はこちら
    ↓
blog_import_5268ac63e3270.gif


googleストリートビュー



タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 22:36 | 富山 ☁ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

お気軽に登れる庄川合口ダム近くにある山 三条山

八乙女山に登ってきた帰りにもう1カ所登って来ました。
庄川合口ダム(船戸ダム)の近くにある山、三条山です。

庄川に架かってる船戸橋の麓から車で少し登ると右に曲がるカーブがありその左側に「県定公園三条山遊歩道」の案内板がありますのでそこから登って行きます。

DSCN7265.jpg


DSCN7269.jpg


DSCN7270.jpg

DSCN7271.jpg

まぁすぐに山頂に登れちゃうのでついでの時にしかおそらく来ないだろうなって感じの山なのですが、遊歩道は意外とトラロープあったりしました。


DSCN7273.jpg

遊歩道脇に三角点あり、そこから更に進むと山頂広場っぽい所に来ます。

DSCN7274.jpg

ここは「千代ヶ様城[ちよがためし城]」と言う山城があった様。今は屋根付きの休憩スポットとか電波反射塔があります。

DSCN7275.jpg

DSCN7278.jpg


DSCN7277.jpg

DSCN7285.jpg

ここからの砺波平野が眺める事ができますが、この山ならではの特徴のある物があります。

それは山頂からの眺めが悪い山に良くある鉄塔があります。

DSCN7276.jpg

それも奥医王山にある鉄塔の約3倍の高さがあり、鉄はしご登るのが好きな方には楽しめそうなスリルある鉄塔となっておりましたね。

DSCN7282.jpg


DSCN7279.jpg

DSCN7280.jpg



残念ながら周りの樹木が成長しすぎてそこからの砺波平野の眺めはイマイチですが、反対側の牛岳方面の山は綺麗に見渡せましたね。


DSCN7287.jpg

DSCN7289.jpg


DSCN7290.jpg

そんな近くに寄ったついでの時に登る三条山でした。

DSCN7293.jpg


登山口はこちら
   ↓
blog_import_5268abec69ff5.gif


GOOGLEストリートビュー




おまけ 旬景とやま


タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 00:00 | 富山 ☀ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  富山の山・トレッキング登山リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町 南保富士・猪山 大鷲山 黒菱山 白鳥山
入善町 負釣山  
黒部市 唐松岳 僧ヶ岳 駒ヶ岳 鋲ヶ岳
烏帽子岳       
魚津市
上市町 城ヶ平山・ハゲ山(12月) 千石城山 中山(10月) 高峰山(西種ルート9月)
城ヶ平・ハゲ山(16/1月) 大倉山 中山(7月) 高峰山(西種ルート4月)
大辻山(長尾峠ルート) クズバ山 大熊山 城ヶ平・ハゲ山(17/1月)
立山町 尖山 塔倉山(長倉ルート) 塔倉山(目桑ルート) 塔倉山(長倉ルート2月)
尖山(夏椿峠ルート) 大日平(不動滝) 来拝山(2015/11月) 来拝山(2016/3月)
材木坂・美女平 弥陀ヶ原 大日平(5月) 雄山・大汝・真砂・別山縦走
大日岳 八郎坂・松尾峠 来拝山(2017/3月) 大辻山(5月)
[大日岳2017/7月]      
富山市 小佐波御前山 夫婦山(桐谷小井波ルート) 夫婦山(東松瀬ルート) 白木峰
 祖父岳(桂原ルート) 祖父岳(谷折ルート) 大乗悟山・笹津山 大乗悟山(2月)
瀬戸蔵山 高頭山 大品山・瀬戸蔵山(4月) 唐堀山
鍬崎山 夫婦山(東松瀬・1月) 大乗悟山(1月) 小佐波御前山(2月)
大品山・瀬戸蔵山(5月) 白木峰(2017/6月)    
砺波市 牛岳(新牛岳登山道) 牛岳(3月スキー場二本杉) 牛岳(小牧・稜線ルート) 天狗山
牛岳(3月鍋谷ルート) 三条山    
南砺市 奥医王山・トンビ岩 八乙女山 金剛堂山(11月) 八乙女山(3月)
前医王山 扇山・赤祖父山 高清水山 医王山・鳶岩(5月)
金剛堂山(5月) 高落葉山 奥医王山(横谷峠ルート)  前医王山(2月)
高落葉山(3月) [ 高坪山 ] [ 金剛堂山(2017/4月) ] 八乙女山(5月)
高坪山(5月) 人形山・三ヶ辻山 金剛堂山(2017/6月)  
小矢部市
高岡市 大師ヶ岳・二上山 元取山
氷見市 碁石ヶ峰  
石川県 金沢市 白兀山 宝達山(2016/1月) 宝達山(2017/4月) 医王山 鳶岩・黒瀑山
岐阜県 飛騨市 天蓋山 観音山    
白川村 三方岩岳      
高山市 福地山 焼岳(中尾ルート)    
郡上市 大日ヶ岳(8月)  大日ヶ岳・天狗山(2月)    
下呂市 簗谷山 三峯山 御前山  
七宗町 納古山      
関市 [ 蕪山 ]      
長野県 松本市 焼岳(中の湯ルート)      
安曇野市 燕岳      
茅野市 蓼科山      
小諸市 黒斑山      
愛知県 小牧市 小牧山      

  滝訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町 七重滝 親不知の滝    
黒部市 五千僧の滝 高滝谷の滝 鼻の滝  
魚津市 沌滝 横舞の滝     
滑川市 千谷の滝      
上市町 まま子滝 六本滝・十二支の滝 千巌渓  
立山町 称名滝 1 称名滝 2 岩室の滝 ハンノキ滝
滑滝(尖山の滝) 弥陀ヶ原・不動滝 称名滝(秋)  
富山市  常虹の滝 朝日の滝 川倉不動滝 小糸の不動滝・夫婦滝
布尻の不動滝 四十ヶ滝 百間滑・龍神の滝 釜谷尻の谷の滝
牛滝 東小股の滝 八木山の瀧 不動滝
東小股の上流滝 西小俣の滝 太郎平不動滝 龍王の瀧
三枚滝 松尾の滝  
砺波市 三段の滝 神明の滝 二ツ屋の滝  
南砺市 夫婦滝 不動滝 布滝 真背戸の滝
駆足谷の滝 五條の滝    
小矢部市 宮島峡一の滝 宮島峡二の滝 宮島峡三の滝 観音滝
鼓ヶ滝 やさしきの滝 稲倉の滝  
高岡市 城光寺の滝 不動滝 国分の滝 鳥羽の滝
滝の沢 朝陽の滝 古城の滝 袋谷の滝
氷見市 長寿ヶ滝 夫婦滝 愛蓮の滝  
石川県 金沢市 三蛇ガ滝 白姫滝    
中能登町 不動滝      
津幡町 大滝      
白山市 金剱宮不動滝      
新潟県 妙高市 惣滝 そうめん滝 大滝  
糸魚川市 鼓ヶ滝      
岐阜県 飛騨市 ニコイ大滝      
白川村 白水の滝      
高山市 宇津江四十八滝 平湯大滝 タルマの滝 女男の滝
大倉滝 平滝 銚子の滝 魚返りの滝
三休の滝 岩船の滝 白水の滝  
荘川町 魚帰滝      
郡上市 夫婦滝 駒ヶ滝 阿弥陀ヶ滝 矢納ヶ淵
釜ヶ滝 乙姫の滝 乙姫滝 御手洗の滝
養老市 養老の滝      
下呂市 御滝 横谷峡 四つの滝 のべん滝 だんご淵
小坂町 三ツ滝 からたに滝 あかがねとよ 根尾の滝
七宗町 親猿の滝      

愛知県

犬山市 不老滝      
長野県 長野市 さざれ滝 八水神    
松本市 親子滝 三本滝(2月)    
茅野市 蓼科大滝      

  名水訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町      
黒部市  
魚津市 魚津駅前のうまい水
滑川市
上市町 大岩日石寺の藤水 城山の湧水
立山町 熊王の清水 立山玉殿の湧水
富山市 殿様清水 杉谷の霊水 八木山の瀧 ガット出の水
龍神の湧水 松尾山の湧水  
砺波市 瓜裂清水 鴨清水
南砺市 不動滝の霊水 中江の霊水 丸池 妃の清水
御屋敷の清水 岩割の命水 八乙女山名水  
小矢部市
高岡市 弓の清水 気多神社の清泉 バッパショウズ  
氷見市  
石川県 中能登町 智慧の水      
岐阜県  郡上市 円空の森水 蛇穴 宗祇水  
養老市 菊水泉      
飛騨市 タンナカ高原の湧水      
下呂市 念仏岩の湧き水      

  名所訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町      
黒部市  
魚津市 東山円筒分水槽    
滑川市      
上市町 眼目山立山寺  
立山町
富山市 八尾夢あかり 百間滑(2月)
砺波市
南砺市 厳浄閣
小矢部市
高岡市 雨晴海岸
氷見市
石川県 金沢市 兼六園
新潟県
岐阜県 飛騨市
白川村
高山市
荘川町
郡上市
下呂市 岩屋岩陰遺跡
七宗町
愛知県 名古屋市 熱田神宮 リニア鉄道館 大須観音
長野県 長野市 戸隠神社
松本市      
三重県 伊勢市 伊勢神宮