2017年10月29日

魚津から登るキツいルートの僧ヶ岳に登って来た!

今回登って来たのは僧ヶ岳です。

この山には一番一般的な宇奈月尾根ルートと距離の短い烏帽子尾根ルートと東又ルートがあります。
今回は一番人気が無くキツい標高約720mから登る東又ルートで登る事にしました。

片貝川上流に向かって進むと道沿いには「片貝山ノ守紅葉まつり」ってのぼり旗が揚がっておりました。翌日キャンプ場でイベントやるようでした。
知らなかったのですが、片貝川上流って紅葉の名所だったんですね。

DSCN0734.jpg

上流に進むにつれ道幅も狭くなり片貝第4発電所を過ぎると砂利道となっていきます。時折車の底をこすりながら進んで行くと右手に発電所と片貝山荘が見えてきます。この山荘は魚津市に申し込むと泊まれるようですね。

DSCN0737.jpg

そこから少し進むとようやく道路脇に登山口がありました。
その周辺には駐車スペースあるのですが、この日は既に2台とまっておりました。おそらく毛勝山テン泊で登って行ってる方々のようでした。

DSCN0739.jpg

DSCN0740.jpg


登り初めだけジグきってあるルートでしたが、朝一ウォーミングアップも無いままほぼいきなり急登が始まります。

DSCN0742.jpg

それもここから殆どが尾根直登の急登でした。

DSCN0743.jpg

DSCN0744.jpg

ですがキツい所はだいたいロープ設置してあり、割と新しめのロープがかなり設置されてました。

DSCN0745.jpg

細尾根ルートでルート上は落ち葉で覆われてて滑るのかも判らない感じの斜面を登っていきます。ですが、この日は紅葉祭りのシーズンだけあってここのルートも紅葉真っ盛りでした。

DSCN0747.jpg

DSCN0749.jpg

DSCN0751.jpg

DSCN0752.jpg

DSCN0754.jpg

DSCN0756.jpg

DSCN0757.jpg

DSCN0758.jpg

DSCN0760.jpg

先日登った雨飾山に匹敵する紅葉の山々が広がっており、紅葉のトンネルはここのルートの方が見応えありました。

DSCN0763.jpg

DSCN0765.jpg

DSCN0766.jpg

急登で疲れるのですが、色づく山々がせめてもの救いでしたね。それも時折振り返ると雪の頂の毛勝山がそびえて見えます。

DSCN0768.jpg

DSCN0770.jpg

DSCN0774.jpg

DSCN0776.jpg

DSCN0777.jpg

クマの登った跡は杉の幹に何カ所か見かけました。

DSCN0780.jpg

DSCN0783.jpg

DSCN0785.jpg

約2時間の急登をやっと登り切ると伊折山に到着。少し広いスペースありました。

DSCN0787.jpg

DSCN0788.jpg

ここからようやく緩やか目な稜線歩きとなります。

DSCN0789.jpg

すっかり樹木も枯れ落ちて右手には駒ヶ岳が良く見渡せます。それもこの場所からは僧ヶ岳から続く稜線が横から一望できました。今回は駒ヶ岳には登りません。なのでいくつもの偽ピークがよく見えてましたね〜

DSCN0792.jpg

そして次の成谷山に着きます。

DSCN0791.jpg


ここからはこれから進む僧ヶ岳に続く稜線がやや横から眺められ、いくつもの登り返しのありそうなそんな山の稜線が見えてきました。

DSCN0793.jpg

それとは反対方向は富山湾が一望出来、能登の方もよく見渡せました。

DSCN0794.jpg

DSCN0821.jpg

DSCN0796.jpg

DSCN0797.jpg

DSCN0799.jpg

ルート横に突如池もありました。

DSCN0803.jpg

DSCN0809.jpg


やがてルート脇には溶けて未だ残っている雪が現れ出しました。

DSCN0811.jpg

DSCN0813.jpg

DSCN0815.jpg

崩れかかったトラバースぎみの所にも雪が有ったのでそこは慎重に歩いて行きました。

DSCN0816.jpg

DSCN0817.jpg

見渡せてたので判ってはいるのだけどいくつかの偽ピークを登りようやく僧ヶ岳山頂に到着。山頂にも雪が溶けずに残っておりました。

DSCN0823.jpg

この日は割と多くの方が僧ヶ岳に登っている様でしたが、この日の東又ルートは私一人だけの様でした。
山頂からはこの先にある駒ヶ岳に続く登山ルートがちょうど雪が積もっており良く判るルートとなって見えておりました。

DSCN0827.jpg

DSCN0829.jpg

DSCN0832.jpg

駒ヶ岳方面を見てる時に尾根の中腹に水平に続く謎の道路に気づきました。

DSCN0825.jpg

地図を見ると北駒ヶ岳〜宇奈月温泉とちの湯ルートの尾根道が(今は廃道なのかな?)別途あるのですが、その尾根の下に山の中腹に水平に続く道がこの雪のおかげであるのが判りました。おそらく戦前のモリブデン掘削の時に作られた道路なんだろうなって思いました。

DSCN0834.jpg

しばし休憩後来たルートを下っていきます。

DSCN0835.jpg

山頂は冷たい風が吹いてましたが下って行くと風の温度が違うって感じられましたね。

DSCN0837.jpg

DSCN0838.jpg

DSCN0840.jpg

DSCN0841.jpg

DSCN0848.jpg

DSCN0850.jpg


帰りの下り急登も気を遣って下って行きます。ロープに頼って降りるとコケそうになることもあったので登山口に戻るまで気を引き締めて下って行きました。

DSCN0853.jpg

DSCN0854.jpg

DSCN0855.jpg

今回は約8時間20分の山行となりました。

DSCN0856.jpg

DSCN0857.jpg

帰り道で片貝川の右側に紅葉で見応えのある名の無い滝を見つけました。場所は成谷から少し南の所です。
段爆と渓流瀑って感じでした。

DSCN0860.jpg

「片貝成谷の滝」(仮名称)

割と良い感じの滝なので市の道路も整備すれば観光名所になりそうな感じもするのですが。
洞杉の周辺はすごく整備されてるからもう少し先の片貝山荘あたりまで魚津市が道路整備してくれたらいいのにとも思いましたね。僧ヶ岳県立自然公園って名称も看板見て初めて知りましたし。

DSCN0862.jpg

県外の滝にはもっとショボいのに観光地として整備されてる滝は割と多く有るのに。まぁ魚津の観光は「蜃気楼」だからなぁ・・・。

DSCN0863.jpg



sougatake.jpg


googlesougatake.jpg


登山口はこちら
   ↓
mapionlog_bb.gif


滝の場所はこちら
   ↓
mapionlog_bb.gif


googleearth(登山口)
   ↓




タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 16:10 | 富山 ☔ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


  富山の山・トレッキング登山リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町 南保富士・猪山 大鷲山 黒菱山 白鳥山
白馬岳 大地山    
入善町 負釣山  
黒部市 唐松岳 僧ヶ岳 駒ヶ岳 鋲ヶ岳
烏帽子岳       
魚津市 僧ヶ岳(東又ルート)
上市町 城ヶ平山・ハゲ山(12月) 千石城山 中山(10月) 高峰山(西種ルート9月)
城ヶ平・ハゲ山(16/1月) 大倉山 中山(7月) 高峰山(西種ルート4月)
大辻山(長尾峠ルート) クズバ山 大熊山 城ヶ平・ハゲ山(17/1月)
立山町 尖山 塔倉山(長倉ルート) 塔倉山(目桑ルート) 塔倉山(長倉ルート2月)
尖山(夏椿峠ルート) 大日平(不動滝) 来拝山(2015/11月) 来拝山(2016/3月)
材木坂・美女平 弥陀ヶ原 大日平(2016/5月) 雄山・大汝・真砂・別山縦走
大日岳 八郎坂・松尾峠 来拝山(2017/3月) 大辻山(2017/5月)
[大日岳2017/7月] 奥大日岳 龍王岳・浄土山・雄山 大日岳(2017/9月)
弥陀ヶ原(2017/10月)      
富山市 小佐波御前山 夫婦山(桐谷小井波ルート) 夫婦山(東松瀬ルート) 白木峰
 祖父岳(桂原ルート) 祖父岳(谷折ルート) 大乗悟山・笹津山 大乗悟山(2月)
瀬戸蔵山 高頭山 大品山・瀬戸蔵山(4月) 唐堀山
鍬崎山 夫婦山(東松瀬・1月) 大乗悟山(1月) 小佐波御前山(2月)
大品山・瀬戸蔵山(5月) 白木峰(2017/6月)    
砺波市 牛岳(新牛岳登山道) 牛岳(3月 二本杉) 牛岳(小牧・稜線ルート) 天狗山
牛岳(3月鍋谷ルート) 三条山    
南砺市 奥医王山・トンビ岩 八乙女山 金剛堂山(11月) 八乙女山(3月)
前医王山 扇山・赤祖父山 高清水山 医王山・鳶岩(5月)
金剛堂山(5月) 高落葉山 奥医王山(横谷峠ルート)  前医王山(2月)
高落葉山(3月) [ 高坪山 ] [ 金剛堂山(2017/4月) ] 八乙女山(5月)
高坪山(5月) 人形山・三ヶ辻山 金剛堂山(2017/6月) 大門山・赤摩木古山
高落葉山(梨谷ルート)      
小矢部市
高岡市 大師ヶ岳・二上山 元取山
氷見市 碁石ヶ峰  
石川県 金沢市 白兀山 宝達山(2016/1月) 宝達山(2017/4月) 医王山 鳶岩・黒瀑山
岐阜県 飛騨市 天蓋山 観音山 安峰山  
白川村 三方岩岳      
高山市 福地山 焼岳(中尾ルート) 位山(あららぎ湖ルート)  
郡上市 大日ヶ岳(8月)  大日ヶ岳・天狗山(2月)    
下呂市 簗谷山 三峯山 御前山  
七宗町 納古山      
関市 [ 蕪山 ] 高賀山    
長野県 小谷村 乗鞍岳 雨飾山    
松本市 焼岳(中の湯ルート) 十石山    
安曇野市 燕岳      
茅野市 蓼科山      
小諸市 黒斑山      
新潟県 糸魚川市 小蓮華山      
妙高市 妙高山      
愛知県 小牧市 小牧山      

  滝訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町 七重滝 親不知の滝    
黒部市 五千僧の滝 高滝谷の滝 鼻の滝  
魚津市 沌滝 横舞の滝  「片貝成谷の滝」  
滑川市 千谷の滝      
上市町 まま子滝 六本滝・十二支の滝 千巌渓  
立山町 称名滝 1 称名滝 2 岩室の滝 ハンノキ滝
滑滝(尖山の滝) 弥陀ヶ原・不動滝 称名滝(秋) ソーメン滝
称名滝(2017/10月)      
富山市  常虹の滝 朝日の滝 川倉不動滝 小糸の不動滝・夫婦滝
布尻の不動滝 四十ヶ滝 百間滑・龍神の滝 釜谷尻の谷の滝
牛滝 東小股の滝 八木山の瀧 不動滝
東小股の上流滝 西小俣の滝 太郎平不動滝 龍王の瀧
三枚滝 松尾の滝  
砺波市 三段の滝 神明の滝 二ツ屋の滝  
南砺市 夫婦滝 不動滝 布滝 真背戸の滝
駆足谷の滝 五條の滝    
小矢部市 宮島峡一の滝 宮島峡二の滝 宮島峡三の滝 観音滝
鼓ヶ滝 やさしきの滝 稲倉の滝  
高岡市 城光寺の滝 不動滝 国分の滝 鳥羽の滝
滝の沢 朝陽の滝 古城の滝 袋谷の滝
氷見市 長寿ヶ滝 夫婦滝 愛蓮の滝  
石川県 金沢市 三蛇ガ滝 白姫滝    
中能登町 不動滝      
津幡町 大滝      
白山市 金剱宮不動滝      
新潟県 妙高市 惣滝 そうめん滝 大滝 光明滝・称明滝
糸魚川市 鼓ヶ滝      
岐阜県 飛騨市 ニコイ大滝      
白川村 白水の滝      
高山市 宇津江四十八滝 平湯大滝 タルマの滝 女男の滝
大倉滝 平滝 銚子の滝 魚返りの滝
三休の滝 岩船の滝 白水の滝  
荘川町 魚帰滝      
郡上市 夫婦滝 駒ヶ滝 阿弥陀ヶ滝 矢納ヶ淵
釜ヶ滝 乙姫の滝 乙姫滝 御手洗の滝
養老市 養老の滝      
下呂市 御滝 横谷峡 四つの滝 のべん滝 だんご淵
小坂町 三ツ滝 からたに滝 あかがねとよ 根尾の滝
七宗町 親猿の滝      

愛知県

犬山市 不老滝      
長野県 小谷村 尾丸滝      
長野市 さざれ滝 八水神    
松本市 親子滝 三本滝(2月) 龍神の滝  
茅野市 蓼科大滝      

  名水訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町      
黒部市  
魚津市 魚津駅前のうまい水
滑川市
上市町 大岩日石寺の藤水 城山の湧水
立山町 熊王の清水 立山玉殿の湧水
富山市 殿様清水 杉谷の霊水 八木山の瀧 ガット出の水
龍神の湧水 松尾山の湧水  
砺波市 瓜裂清水 鴨清水
南砺市 不動滝の霊水 中江の霊水 丸池 妃の清水
御屋敷の清水 岩割の命水 八乙女山名水  
小矢部市
高岡市 弓の清水 気多神社の清泉 バッパショウズ  
氷見市  
石川県 中能登町 智慧の水      
岐阜県  郡上市 円空の森水 蛇穴 宗祇水  
養老市 菊水泉      
飛騨市 タンナカ高原の湧水      
下呂市 念仏岩の湧き水      

  名所訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町      
黒部市  
魚津市 東山円筒分水槽    
滑川市      
上市町 眼目山立山寺  
立山町
富山市 八尾夢あかり 百間滑(2月)
砺波市
南砺市 厳浄閣
小矢部市
高岡市 雨晴海岸
氷見市
石川県 金沢市 兼六園
新潟県
岐阜県 飛騨市
白川村
高山市
荘川町
郡上市
下呂市 岩屋岩陰遺跡
七宗町
愛知県 名古屋市 熱田神宮 リニア鉄道館 大須観音
長野県 長野市 戸隠神社
松本市      
三重県 伊勢市 伊勢神宮