2018年04月15日

大鷲山と にゅうぜんフラワーロード

今回登って来たのは海抜0メートルから登れる山 大鷲山です。

登山口は国道8号線のAMラジオ周波数が案内されてる看板の所からとなってます。

DSCN2487.jpg

用水路の脇を歩き山の中に入っていくのですがいきなり急登ルートが始まります。

DSCN2488.jpg

DSCN2489.jpg

それも割と滑りやすい質の路面ですので慌てず登って行きます。

DSCN2492.jpg

DSCN2493.jpg

DSCN2494.jpg

先日までスノーブーツで山歩きしていたのでこの日は久々に登山用の靴で歩いたのですが、シーズン最初なので足の裏がしばらく痛みました!

DSCN2495.jpg

DSCN2496.jpg

杉林を過ぎ、尾根沿いに登って行くと「パキッ」と枝の折れるような音がして、周りをよく見ると木の上に大きめのサルがいました。親不知辺りを車で通っている時に時々サルを見かける事があったので、ここの近辺にもサルが生息しているようですね。



DSCN2498.jpg

DSCN2499.jpg

登り返しのある山の辺りから雪も未だ残っているようでした。


DSCN2501.jpg

そして石碑のある林道を横切る広場の所で休憩。ここは海を見下ろせるのでのんびり休む事も出来るのでいい場所ですね。ここも未だ雪が残っておりました。


DSCN2503.jpg

DSCN2504.jpg

DSCN2507.jpg



ここの中間登り口地点からは登山道の幅が少し狭めとなっていきます。

DSCN2508.jpg

DSCN2509.jpg

DSCN2510.jpg

この日はこの時期は何処の山でもよく見かけるイワウチワとショウジョウバカマが咲いてました。それより気になったのがフキノトウを全く見かけませんでしたね。海沿いだから無いのだろうか・・・。

DSCN2511.jpg


以前登った時には全く気づかなかった事がありました。それはここの尾根が細尾根でそれも割と急登の部分もあり、一番の驚きは登山道両サイドが切り立った崖気味になってたんだなって事ですね。

DSCN2513.jpg

DSCN2514.jpg

普段は緑で覆われてて気づかなかったと言うか、ちょっとした高山ルート気分も味わえました。展望のないルートもこの時期は周りがよく見えていいですね。

途中の急登には雪がもう無かったのですが、ここの急登に雪あったら登りにくそうだなって思いました。

DSCN2515.jpg

DSCN2517.jpg

それより冬のルートってここの夏道上のルートで登るのかそれとも雪専用の別ルートがあるのかちょっと気になりましたね。
この日は急登崖を登り切った所に未だ残雪あったので、歩きやすいタイミングで来れたのかなって思いました。

DSCN2518.jpg

そしてルート上も次第に雪の上を歩くルートとなっていきます。
ちょうど滑り降りれる斜面の所では尻セードで降りて行く犬連れの先行者の方もいらっしゃいました。

DSCN2520.jpg

DSCN2522.jpg

DSCN2524.jpg
(日本海からこの稜線に沿って登って来ました)

DSCN2526.jpg

DSCN2527.jpg

DSCN2530.jpg

DSCN2533.jpg

ここの山頂には木標があるのでどれだけ埋まってるんだろうと期待していたのですが、頂上はまさかの積雪が全くありませんでした。日当たりが良いのでここだけ雪解けしたようでしたね。少し手前の木の周りだけ雪解けしている「根開き」を見ると未だ1メートル程積もっている所もあったのですが。

DSCN2534.jpg

DSCN2535.jpg

ちょっと曇り気味の天候だったのが残念でしたが、今回は山頂で休憩せず写真だけ撮って下山しました。

DSCN2536.jpg

DSCN2537.jpg

DSCN2538.jpg

DSCN2539.jpg

DSCN2542.jpg

DSCN2543.jpg


そしてベンチのある石碑の横で日本海を見ながらのお昼休憩となりました。食後の海を眺めながらのコーヒータイムもいいですよ〜

DSCN2544.jpg

DSCN2546.jpg

休憩後歩き初めてわりとすぐの所に登り返しのある山があるのですが休憩しすぎたからかもしれないけどバテてキツかったです。

DSCN2547.jpg

DSCN2548.jpg

DSCN2550.jpg


そして電車の走行音や車の音が良く聞こえだして登山口に戻ってきました。

DSCN2551.jpg

DSCN2553.jpg

DSCN2554.jpg

DSCN2555.jpg

ここには登山口の道路挟んで反対側に「境一里塚」がありました。県内ではもうここにしか存在してないそうです。

DSCN2556.jpg

DSCN2557.jpg



海抜0メートルから登れる山なので最後は海辺まで寄ってきました!

DSCN2558.jpg

今回は約5時間20分程の山行となりました。
ルート上の景色が良くない登山ルートも今の時期ならではの展望があるので良いタイミングで登れて良かったです!


帰りにちょうど入善町で始まった「にゅうぜんフラワーロード」の開催日でしたので寄ってきました。
畑一面に広がるチューリップやスイセンが綺麗でした。


DSCN2564.jpg

DSCN2574.jpg

DSCN2588.jpg

DSCN2597.jpg

雪の僧ヶ岳と色とりどりの花の構図が良い感じだったのだけど青空でなかったのがちょっと残念ではありましたが、有名な砺波のチューリップフェアとは違う光景もここにはあるなと思いました。


oowashi.jpg

oowashjgoogle.jpg


登山口はこちら
   ↓
blog_import_5268af5d45173.gif


googleストリートビュー




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 13:17 | 富山 ☔ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


  富山の山・トレッキング登山リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町 南保富士・猪山 大鷲山(2016/6月) 黒菱山 白鳥山
白馬岳 大地山 大鷲山(2018/4月)  
入善町 負釣山(2016/6月) 負釣山(2018/4月)  
黒部市 唐松岳 僧ヶ岳 駒ヶ岳 鋲ヶ岳
烏帽子岳       
魚津市 僧ヶ岳(東又ルート)
上市町 城ヶ平・ハゲ山(15/12月) 千石城山 中山(10月) 高峰山(西種ルート9月)
城ヶ平・ハゲ山(16/1月) 大倉山 中山(7月) 高峰山(西種ルート4月)
大辻山(長尾峠ルート) クズバ山 大熊山 城ヶ平・ハゲ山(17/1月)
城ヶ平・ハゲ山(17/12月) 千石城山(2018/2月) 大倉山(2018/5月)  
立山町 尖山 塔倉山(長倉ルート) 塔倉山(目桑ルート) 塔倉山(長倉ルート2月)
尖山(夏椿峠ルート) 大日平(2015/6月) 来拝山(2015/11月) 来拝山(2016/3月)
材木坂・美女平 弥陀ヶ原 大日平(2016/5月) 雄山・大汝・真砂・別山縦走
大日岳 八郎坂・松尾峠 来拝山(2017/3月) 大辻山(2017/5月)
[大日岳2017/7月] 奥大日岳 龍王岳・浄土山・雄山 大日岳(2017/9月)
弥陀ヶ原(2017/10月) 来拝山(2018/3月) 大日平(2018/6月) 大辻山(2018/6月)
一ノ越 弥陀ヶ原(2018/10月)    
富山市 小佐波御前山 夫婦山
(桐谷・小井波ルート)
夫婦山
(東松瀬ルート)
白木峰(2016/6月)
 祖父岳(桂原ルート) 祖父岳(谷折ルート) 大乗悟山・笹津山 大乗悟山(2016/2月)
瀬戸蔵山 高頭山 大品山・瀬戸蔵山(4月) 唐堀山
鍬崎山 夫婦山(東松瀬・1月) 大乗悟山(2017/1月) 小佐波御前山(2月)
大品山・瀬戸蔵山(5月) 白木峰(2017/6月) 小佐波御前山(11月) 二子山
大乗悟山(2018/2月) 大品山・瀬戸蔵山(3月) 白木峰(2018/7月) 小佐波御前山(9月)
大品山・瀬戸蔵山(10月)      
砺波市 牛岳(新牛岳登山道) 牛岳(3月 二本杉) 牛岳(小牧・稜線ルート) 天狗山(2018/1月)
牛岳(3月鍋谷ルート) 三条山 牛岳(12月小牧ルート)  頼成の森(2018/1月)
鉢伏山(2月) 牛岳(3月小牧ルート)    
南砺市 奥医王山・トンビ岩 八乙女山 金剛堂山(11月) 八乙女山(3月)
前医王山 扇山・赤祖父山 高清水山 医王山・鳶岩(5月)
金剛堂山(5月) 高落葉山 奥医王山(横谷峠ルート)  前医王山(2月)
高落葉山(3月) [ 高坪山 ] [ 金剛堂山(2017/4月) ] 八乙女山(5月)
高坪山(5月) 人形山・三ヶ辻山 金剛堂山(2017/6月) 大門山・赤摩木古山
高落葉山(梨谷ルート) 高落葉山(2018/3月) 金剛堂山(2018/3月) 医王山 三千坊・黒瀧
医王山・鳶岩(2018/6月) 袴腰山    
小矢部市
高岡市 大師ヶ岳・二上山 元取山
氷見市 碁石ヶ峰  
石川県 金沢市 白兀山 宝達山(2016/1月) 宝達山(2017/4月) 医王山 鳶岩・黒瀑山
宝達山(2018/1月)      
岐阜県 飛騨市 天蓋山 観音山 安峰山 猪臥山
白川村 三方岩岳      
高山市 福地山 焼岳(中尾ルート) 位山(あららぎ湖ルート) 高屹山
郡上市 大日ヶ岳(8月)  大日ヶ岳・天狗山(2月)    
下呂市 簗谷山 三峯山 御前山 白草山・箱岩山
七宗町 納古山      
関市 [ 蕪山 ] 高賀山    
岐阜市 金華山      
可児市 鳩吹山      
長野県 小谷村 乗鞍岳 雨飾山    
松本市 焼岳(2016/8月中ノ湯ルート) 十石山 上高地(1月) 焼岳(2018/7月中ノ湯ルート)
安曇野市 燕岳      
茅野市 蓼科山      
小諸市 黒斑山      
新潟県 糸魚川市 小蓮華山 黒姫山    
妙高市 妙高山      
愛知県 小牧市 小牧山      

  滝訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町 七重滝 親不知の滝    
黒部市 五千僧の滝 高滝谷の滝 鼻の滝  
魚津市 沌滝 横舞の滝  「片貝成谷の滝」  
滑川市 千谷の滝      
上市町 まま子滝 六本滝・十二支の滝 千巌渓  
立山町 称名滝 1 称名滝 2 岩室の滝 ハンノキ滝
滑滝(尖山の滝) 弥陀ヶ原・不動滝 称名滝(秋) ソーメン滝
称名滝(2017/10月) 三段の滝    
富山市  常虹の滝 朝日の滝 川倉不動滝 小糸の不動滝・夫婦滝
布尻の不動滝 四十ヶ滝 百間滑・龍神の滝 釜谷尻の谷の滝
牛滝 東小股の滝 八木山の瀧 不動滝
東小股の上流滝 西小俣の滝 太郎平不動滝 龍王の瀧
三枚滝 松尾の滝  
砺波市 三段の滝 神明の滝 二ツ屋の滝  
南砺市 夫婦滝 不動滝 布滝 真背戸の滝
駆足谷の滝 五條の滝    
小矢部市 宮島峡一の滝 宮島峡二の滝 宮島峡三の滝 観音滝
鼓ヶ滝 やさしきの滝 稲倉の滝  
高岡市 城光寺の滝 不動滝 国分の滝 鳥羽の滝
滝の沢 朝陽の滝 古城の滝 袋谷の滝
氷見市 長寿ヶ滝 夫婦滝 愛蓮の滝  
石川県 金沢市 三蛇ガ滝 白姫滝    
中能登町 不動滝      
津幡町 大滝      
白山市 金剱宮不動滝      
新潟県 妙高市 惣滝 そうめん滝 大滝 光明滝・称明滝
糸魚川市 鼓ヶ滝      
岐阜県 飛騨市 ニコイ大滝      
白川村 白水の滝      
高山市 宇津江四十八滝 平湯大滝 タルマの滝 女男の滝
大倉滝 平滝 銚子の滝 魚返りの滝
三休の滝 岩船の滝 白水の滝  
荘川町 魚帰滝      
郡上市 夫婦滝 駒ヶ滝 阿弥陀ヶ滝 矢納ヶ淵
釜ヶ滝 乙姫の滝 乙姫滝 御手洗の滝
養老市 養老の滝      
下呂市 御滝 横谷峡 四つの滝 のべん滝 だんご淵
乗政大滝      
小坂町 三ツ滝 からたに滝 あかがねとよ 根尾の滝
七宗町 親猿の滝      

愛知県

犬山市 不老滝      
長野県 小谷村 尾丸滝      
長野市 さざれ滝 八水神    
松本市 親子滝 三本滝(2月) 龍神の滝  
茅野市 蓼科大滝      

  名水訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町      
黒部市  
魚津市 魚津駅前のうまい水
滑川市
上市町 大岩日石寺の藤水 城山の湧水
立山町 熊王の清水 立山玉殿の湧水
富山市 殿様清水 杉谷の霊水 八木山の瀧 ガット出の水
龍神の湧水 松尾山の湧水  
砺波市 瓜裂清水 鴨清水
南砺市 不動滝の霊水 中江の霊水 丸池 妃の清水
御屋敷の清水 岩割の命水 八乙女山名水  
小矢部市
高岡市 弓の清水 気多神社の清泉 バッパショウズ  
氷見市  
石川県 中能登町 智慧の水      
岐阜県  郡上市 円空の森水 蛇穴 宗祇水  
養老市 菊水泉      
飛騨市 タンナカ高原の湧水      
下呂市 念仏岩の湧き水      

  名所訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町      
黒部市  
魚津市 東山円筒分水槽    
滑川市      
上市町 眼目山立山寺  
立山町
富山市 八尾夢あかり 百間滑(2月)
砺波市
南砺市 厳浄閣
小矢部市
高岡市 雨晴海岸
氷見市
石川県 金沢市 兼六園
新潟県
岐阜県 飛騨市
白川村
高山市
荘川町
郡上市
下呂市 岩屋岩陰遺跡
七宗町
愛知県 名古屋市 熱田神宮 リニア鉄道館 大須観音
長野県 長野市 戸隠神社
松本市      
三重県 伊勢市 伊勢神宮