2018年04月02日

桜満開だけど雪の大品山と瀬戸蔵山に登って来た

今回登って来たのは大品山・瀬戸蔵山です。

ここのルートは毎年春に歩いているのですが、今回は麓から未だ積雪のある3月に登ってみたかったので行って参りました。

DSCN2296.jpg

スタートはあわすのスキー場駐車場からです。この日は山スキーの方が先行して歩いてました。

DSCN2300.jpg


今年度の営業が終わったゲレンデをリフト降り場の最上部まで歩いて行きます。

DSCN2302.jpg

DSCN2303.jpg

DSCN2305.jpg

DSCN2306.jpg

DSCN2307.jpg


DSCN2308.jpg


ゲレンデ上部からは導水管に沿って登って行きます。

DSCN2310.jpg

DSCN2311.jpg

途中にある導水管を渡る所には未だタップリと積雪ありましたが、一部はだいぶ溶けておりましたので急いで渡ります。

DSCN2312.jpg

ここからは足跡が割とありました。ですが桜の開花も早まる陽気なので雪解けも早いように思えました。

DSCN2313.jpg

DSCN2314.jpg

DSCN2315.jpg

途中の細尾根部は雪が溶けてだいぶ細くなった所もありました。

DSCN2316.jpg
(細くなった雪の上を歩いて行きました)

DSCN2317.jpg

やがて貯水池のある所に到着。以外とこの場所は広いスペースがありました。

DSCN2318.jpg

DSCN2320.jpg

DSCN2321.jpg


DSCN2319.jpg


ですがここからがこのルートで一番大変な場所を登って行きます。

DSCN2323.jpg

DSCN2324.jpg

貯水池すぐ横の急登細尾根を登っていくのですが、杉の幹にクマの爪跡があるあたりは地面が露出していました。ですがちょうどここを登ってる時にいきなり携帯電話が鳴りました。細尾根部分は早く通り抜けたかったのだけどその場でしばし話し込んでしまいました。そんな場所でも普通に携帯が通じる山なんだなって思いました(docomoです!)。


DSCN2325.jpg

細尾根を過ぎたら広々とした斜面になるのですが、この日は割と雪も締まっており、ややカリカリぎみとなってました。

DSCN2326.jpg

滑ったら停まりそうもない斜面でしたので慎重に歩いて行きます。

DSCN2327.jpg

その辺りは軽アイゼン付けた方が歩きやすかったなって所が割とありました。今回持っていかなかったのが反省点です。

そのうち見覚えのある斜面となりようやく落ち着いて登って行けました。

DSCN2329.jpg

DSCN2330.jpg

DSCN2332.jpg

DSCN2336.jpg


で、大品山の山頂に到着。結局山頂まではツボ足で登って来れました。
ここからの景色は良かったですね。

DSCN2337.jpg

肉眼では判らなかったのですが大日平山荘の裏から見れる不動滝も大品山の山頂から見れる事が判明しました!!

DSCN2338.jpg
(大日岳と大日平山荘の裏から見れる不動滝)

DSCN2339.jpg

DSCN2341.jpg
(鍬崎山)

DSCN2342.jpg
(大品山山頂)

ちょうど大品山の山頂から下った所でこの日龍神の滝の方から登ってこられた方がいらっしゃったのでルート状況を聴けました。
雪が繋がってない所もあるし急登もあると言われました。

DSCN2343.jpg

大品山から瀬戸蔵山へ向かう稜線って無積雪時はさほど気を遣わなくても歩けるのですが、積雪時は意外と急登下るのだなって所がありました。
ここまでツボ足で登って来たのですが稜線途中からワカン装着しました。

DSCN2344.jpg

DSCN2346.jpg

DSCN2347.jpg
(瀬戸蔵山山頂)

DSCN2348.jpg

瀬戸蔵山の山頂で休憩後。龍神の滝ルートで下るか、らいちょうバレーのトップまで行ってそこからゲレンデを下るか考えたのですが、ここからの雪の下りは初めてだったので龍神の滝経由のルートで下っていきました。

DSCN2354.jpg

足跡も下り初めは判りやすかったのですが、そのうち不鮮明になっていきました。
斜面も細尾根で急登となっていきます。おまけに雪も固く滑りやすいです。
他の方が滑った所で私も滑ってブナの幹にぶつかりそうになるし、この時期特有の急登ぎわの空洞トラップにも何度かはまってしまうしキックステップ付けれない程の固く締まった急登も割とあったし、この日の状況はかなりヒドかったなぁって思いました。


DSCN2355.jpg


ここの尾根ってよく考えてみたらグリーンシーズン中の階段ルートも結構複雑な階段ルートなんですよね。なので雪の尾根も意外と複雑で上部は細い急登尾根だなって思いました。

DSCN2356.jpg

DSCN2357.jpg

龍神の滝が見える所まで下ると楽になるかなって思ったのですが未だ急登部分が大変でした。

DSCN2358.jpg

DSCN2359.jpg

DSCN2360.jpg
(龍神の滝)

夏ルートから大きくズレて谷底の上部をトレースしていきます。


昨年2月頃にもっと積雪が多い時にこの近辺に来た事もあり、ここの谷は積もると大変な事は判っていたのですが、この日もやっぱり大変でした。

DSCN2361.jpg
(松尾山の湧水。穴に落ちるのがコワくて飲めませんでした)

DSCN2362.jpg

DSCN2364.jpg


百間滑の橋が見えたときは「やっと楽に下れる〜」ってホッとしました。

DSCN2365.jpg

DSCN2367.jpg
(百間滑)

DSCN2369.jpg

DSCN2371.jpg

この日はらいちょうバレーのゲレンデを下って行った方が楽だった様に思えましたね。
積雪が無い時は階段地獄だけどお気軽な遊歩道のルートって所なのに雪解けが進行しているこの微妙な時期は苦労しました。

DSCN2376.jpg

DSCN2380.jpg



今回はちょっと日程がミスったなと言うかここのルートは5月の残雪と新緑のシーズンの方が良いですね。
この日は約7時間の山行となりました。
雪が溶けるまではオススメしないそんなルートでした。




ooshinasetokuramap.jpg

ooshinasetogoo.jpg


登山スタートはこちら
    ↓
blog_import_5268af5d45173.gif


googleearth




タグ:山登り
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
posted by ハド at 00:26 | 富山 ☁ | Comment(0) | 富山で登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  富山の山・トレッキング登山リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町 南保富士・猪山 大鷲山(2016/6月) 黒菱山 白鳥山
白馬岳 大地山 大鷲山(2018/4月)  
入善町 負釣山  
黒部市 唐松岳 僧ヶ岳 駒ヶ岳 鋲ヶ岳
烏帽子岳       
魚津市 僧ヶ岳(東又ルート)
上市町 城ヶ平・ハゲ山(15/12月) 千石城山 中山(10月) 高峰山(西種ルート9月)
城ヶ平・ハゲ山(16/1月) 大倉山 中山(7月) 高峰山(西種ルート4月)
大辻山(長尾峠ルート) クズバ山 大熊山 城ヶ平・ハゲ山(17/1月)
城ヶ平・ハゲ山(17/12月) 千石城山(2018/2月)    
立山町 尖山 塔倉山(長倉ルート) 塔倉山(目桑ルート) 塔倉山(長倉ルート2月)
尖山(夏椿峠ルート) 大日平(不動滝) 来拝山(2015/11月) 来拝山(2016/3月)
材木坂・美女平 弥陀ヶ原 大日平(2016/5月) 雄山・大汝・真砂・別山縦走
大日岳 八郎坂・松尾峠 来拝山(2017/3月) 大辻山(2017/5月)
[大日岳2017/7月] 奥大日岳 龍王岳・浄土山・雄山 大日岳(2017/9月)
弥陀ヶ原(2017/10月) 来拝山(2018/3月)    
富山市 小佐波御前山 夫婦山
(桐谷・小井波ルート)
夫婦山
(東松瀬ルート)
白木峰
 祖父岳(桂原ルート) 祖父岳(谷折ルート) 大乗悟山・笹津山 大乗悟山(2016/2月)
瀬戸蔵山 高頭山 大品山・瀬戸蔵山(4月) 唐堀山
鍬崎山 夫婦山(東松瀬・1月) 大乗悟山(2017/1月) 小佐波御前山(2月)
大品山・瀬戸蔵山(5月) 白木峰(2017/6月) 小佐波御前山(11月) 二子山
大乗悟山(2018/2月) 大品山・瀬戸蔵山(3月)    
砺波市 牛岳(新牛岳登山道) 牛岳(3月 二本杉) 牛岳(小牧・稜線ルート) 天狗山(2018/1月)
牛岳(3月鍋谷ルート) 三条山 牛岳(12月小牧ルート)  頼成の森(2018/1月)
鉢伏山(2月) 牛岳(3月小牧ルート)    
南砺市 奥医王山・トンビ岩 八乙女山 金剛堂山(11月) 八乙女山(3月)
前医王山 扇山・赤祖父山 高清水山 医王山・鳶岩(5月)
金剛堂山(5月) 高落葉山 奥医王山(横谷峠ルート)  前医王山(2月)
高落葉山(3月) [ 高坪山 ] [ 金剛堂山(2017/4月) ] 八乙女山(5月)
高坪山(5月) 人形山・三ヶ辻山 金剛堂山(2017/6月) 大門山・赤摩木古山
高落葉山(梨谷ルート) 高落葉山(2018/3月) 金剛堂山(2018/3月) 医王山 三千坊・黒瀧
小矢部市
高岡市 大師ヶ岳・二上山 元取山
氷見市 碁石ヶ峰  
石川県 金沢市 白兀山 宝達山(2016/1月) 宝達山(2017/4月) 医王山 鳶岩・黒瀑山
宝達山(2018/1月)      
岐阜県 飛騨市 天蓋山 観音山 安峰山  
白川村 三方岩岳      
高山市 福地山 焼岳(中尾ルート) 位山(あららぎ湖ルート)  
郡上市 大日ヶ岳(8月)  大日ヶ岳・天狗山(2月)    
下呂市 簗谷山 三峯山 御前山  
七宗町 納古山      
関市 [ 蕪山 ] 高賀山    
岐阜市 金華山      
可児市 鳩吹山      
長野県 小谷村 乗鞍岳 雨飾山    
松本市 焼岳(中の湯ルート) 十石山 上高地(1月)  
安曇野市 燕岳      
茅野市 蓼科山      
小諸市 黒斑山      
新潟県 糸魚川市 小蓮華山      
妙高市 妙高山      
愛知県 小牧市 小牧山      

  滝訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町 七重滝 親不知の滝    
黒部市 五千僧の滝 高滝谷の滝 鼻の滝  
魚津市 沌滝 横舞の滝  「片貝成谷の滝」  
滑川市 千谷の滝      
上市町 まま子滝 六本滝・十二支の滝 千巌渓  
立山町 称名滝 1 称名滝 2 岩室の滝 ハンノキ滝
滑滝(尖山の滝) 弥陀ヶ原・不動滝 称名滝(秋) ソーメン滝
称名滝(2017/10月)      
富山市  常虹の滝 朝日の滝 川倉不動滝 小糸の不動滝・夫婦滝
布尻の不動滝 四十ヶ滝 百間滑・龍神の滝 釜谷尻の谷の滝
牛滝 東小股の滝 八木山の瀧 不動滝
東小股の上流滝 西小俣の滝 太郎平不動滝 龍王の瀧
三枚滝 松尾の滝  
砺波市 三段の滝 神明の滝 二ツ屋の滝  
南砺市 夫婦滝 不動滝 布滝 真背戸の滝
駆足谷の滝 五條の滝    
小矢部市 宮島峡一の滝 宮島峡二の滝 宮島峡三の滝 観音滝
鼓ヶ滝 やさしきの滝 稲倉の滝  
高岡市 城光寺の滝 不動滝 国分の滝 鳥羽の滝
滝の沢 朝陽の滝 古城の滝 袋谷の滝
氷見市 長寿ヶ滝 夫婦滝 愛蓮の滝  
石川県 金沢市 三蛇ガ滝 白姫滝    
中能登町 不動滝      
津幡町 大滝      
白山市 金剱宮不動滝      
新潟県 妙高市 惣滝 そうめん滝 大滝 光明滝・称明滝
糸魚川市 鼓ヶ滝      
岐阜県 飛騨市 ニコイ大滝      
白川村 白水の滝      
高山市 宇津江四十八滝 平湯大滝 タルマの滝 女男の滝
大倉滝 平滝 銚子の滝 魚返りの滝
三休の滝 岩船の滝 白水の滝  
荘川町 魚帰滝      
郡上市 夫婦滝 駒ヶ滝 阿弥陀ヶ滝 矢納ヶ淵
釜ヶ滝 乙姫の滝 乙姫滝 御手洗の滝
養老市 養老の滝      
下呂市 御滝 横谷峡 四つの滝 のべん滝 だんご淵
小坂町 三ツ滝 からたに滝 あかがねとよ 根尾の滝
七宗町 親猿の滝      

愛知県

犬山市 不老滝      
長野県 小谷村 尾丸滝      
長野市 さざれ滝 八水神    
松本市 親子滝 三本滝(2月) 龍神の滝  
茅野市 蓼科大滝      

  名水訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町      
黒部市  
魚津市 魚津駅前のうまい水
滑川市
上市町 大岩日石寺の藤水 城山の湧水
立山町 熊王の清水 立山玉殿の湧水
富山市 殿様清水 杉谷の霊水 八木山の瀧 ガット出の水
龍神の湧水 松尾山の湧水  
砺波市 瓜裂清水 鴨清水
南砺市 不動滝の霊水 中江の霊水 丸池 妃の清水
御屋敷の清水 岩割の命水 八乙女山名水  
小矢部市
高岡市 弓の清水 気多神社の清泉 バッパショウズ  
氷見市  
石川県 中能登町 智慧の水      
岐阜県  郡上市 円空の森水 蛇穴 宗祇水  
養老市 菊水泉      
飛騨市 タンナカ高原の湧水      
下呂市 念仏岩の湧き水      

  名所訪問リスト (blogに掲載した所はリンクしております)

富山県 朝日町      
黒部市  
魚津市 東山円筒分水槽    
滑川市      
上市町 眼目山立山寺  
立山町
富山市 八尾夢あかり 百間滑(2月)
砺波市
南砺市 厳浄閣
小矢部市
高岡市 雨晴海岸
氷見市
石川県 金沢市 兼六園
新潟県
岐阜県 飛騨市
白川村
高山市
荘川町
郡上市
下呂市 岩屋岩陰遺跡
七宗町
愛知県 名古屋市 熱田神宮 リニア鉄道館 大須観音
長野県 長野市 戸隠神社
松本市      
三重県 伊勢市 伊勢神宮